モバイルルーターを有線接続すると通信安定のメリットが!

モバイルWi-Fiルーターは、無線以外にも有線接続できることをご存知ですか?

有線接続は「Wi-Fiは繋がりにくい」「ネットには接続の安定を求めている」という方におすすめの使い方です。

 

そこで今回は、モバイルWi-Fiルーターの有線接続の仕方やメリットについてご紹介していきたいと思います。


  • LINEで送る

モバイルWi-Fiルーターは有線接続で使うことも可能!

「モバイルWi-Fiルーターは有線接続で使用することもできる」という印象をお持ちの方は、それほど多くないと思います。

しかし、実際はWi-Fiとして無線接続をする以外にも、端末とモバイルWi-Fiルーターをつなげて利用する方法もあるのです。

 

ケーブルを使ってパソコンやタブレット、ゲーム機などとつなげて使うのですが、有線接続をしている時でも他の端末と無線接続も可能です。

つまり、パソコンと有線接続をしていても、普通のWi-Fiとしてタブレットやスマホと同時接続ができるのです。

有線接続してモバイルWi-Fiルーターを使うメリット

モバイルWi-Fiルーターを有線接続するメリットには、以下のような点が挙げられます。

通信が安定しやすい

モバイルWi-FiルーターはWi-Fiとして無線で使用する場合、電波塔から受信した電波を信号にして他の端末に飛ばします。

その信号をキャッチすることでネットが使えるのですが、この無線接続は電波干渉を受けやすいという特性があります。

 

電波干渉とは、同じ周波数の無線が混み合うことで通信スピードが遅くなったり、通信自体が不安定になったりすることを指します。

同じエリアにWi-Fiを使っている人がたくさんいたり、家電が発する電波によって通信が阻害されたりすることを電波干渉と呼ぶのです。

 

有線接続ではケーブルを通して通信が行われるため、他の干渉を受けずにネットが使えます。

そのため、安定性が上がり通信スピードも上がるのです。

セキュリティが強化される

Wi-Fiとして無線接続をすると、セキュリティが低くハッキングや傍受がしやすい状況となってしまいます。

WEPという暗号化技術もありますが、この技術は解読が容易にできてしまうため、Wi-Fi利用時にはセキュリティ面に気を配る必要があります。

 

有線接続であればそういったリスクも軽減されるので、安全性も高くなります。

ルーターと端末を有線接続する方法

モバイルWi-Fiルーターとデバイスを有線接続する方法は、

  • USBケーブルを使用
  • LANケーブルを使用

の2種類があります。

 

どちらの方法も、ソフトウェアをインストールする必要はなくケーブルをつなげるだけで有線接続に切り替わります。

注意点としては、USBケーブルを利用するときは通信用のものを選ぶことと、USB端子の形状を確認しておくことがあります。

 

LANケーブルを利用したい場合は、ルーターの端末によっては専用のスタンドの準備が必要なことです。

どちらも手軽に用意できるので、始めやすいでしょう。

まとめ:モバイルWi-Fiルーターを有線接続すると通信安定のメリットが!

モバイルWi-Fiルーターを有線接続すると、通信の品質や安全性が上がることが分かりました。

端末との接続も通信に対応したケーブルとつなげるだけという大変シンプルな仕組みで、利用しやすいのがメリットです。

 

ビジネスシーンや映画の視聴、オンラインゲームなど安定した通信が必要になるケースは多々あります。

ぜひ本記事でご紹介したポイントをご活用ください。

安定した通信を利用できるのはまるっとシリーズのWi-Fi!

まるっとシリーズのモバイルWi-Fiルーターは、複数の回線を適時切り替えるクラウドサーバーを利用しています。

そのため、SIMカードは不要で端末に電源を入れるだけですぐに利用開始できるというメリットがあります。

 

また、複数の回線を使用することで今いる場所に最適な回線を適用するため、圏外になったり繋がりにくくなったりすることが少ないのが特徴です。

海外でも使用できるので、色々なシチュエーションでWi-Fiを使いたい方には最適のサービスです。ご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る