光コラボ事業者変更承諾番号とは?取得方法や手続き窓口を紹介

最終更新日:

現在ソフトバンクやドコモ、BIGLOBEなどが提供している「光コラボ回線」を契約している方の中には、今利用中の光コラボ回線とは別の事業者に変更する「事業者変更」を行うことを検討している方は少なくありません。
事業者変更を行うことで、例えば今よりもさらに固定電話やインターネット回線にかかる費用に加えてスマホなどの利用料金を節約できる可能性があるためです。

しかし、別の光コラボ回線事業者へ事業者変更を行うことを検討している方の中には、「事業者変更に必要な承諾番号の取得・発行方法が分からず手続きを行うことが出来ない」と悩む方も数多くいます。事業者変更自体や承諾番号を発行してもらう必要があることを知らずに解約してから乗り換えてしまう方も少なくありません。

そのため、この記事では「そもそも事業者変更や承諾番号とはどのようなものなのか」や「事業者変更を行う際に必要な承諾番号の取得方法」について、「承諾番号の有効期限」などを含めて詳しく解説していきます。承諾番号を取得して別の光コラボ回線事業者へ事業者変更の手続きを行うことを検討している方や「承諾番号の取得方法が分からず手続きを進められない」などと困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

事業者変更や承諾番号とは?

光コラボ回線の「事業者変更」とは、「現在契約している光コラボ回線の事業者から別の光コラボ回線を提供している事業者に乗り換えを行う際の手続き」のことです。
例えば、現在ビッグローブ光を契約中で、ソフトバンクが提供するスマホを使用している方が、事業者変更によりソフトバンク光に乗り換えた場合、スマホの利用料金が安くなるといったメリットがあります。このため、事業者変更の手続きを検討される方は多いです。

なお、別の事業者に乗り換えるために事業者変更を行う場合、現在契約中の光コラボ回線の事業者に「承諾番号」を発行してもらう必要があります。
事業者変更における承諾番号とは、正式には「事業者変更承諾番号」と言い、この番号を発行してもらうことで、現在使用している「お客さまID」や「光コラボ回線で使用している電話番号」を変えずに、次に契約する光コラボ回線を利用することが可能です。

ただし、必ずしも新しい光コラボ回線で現在使用している「電話番号」をそのまま利用できるとは限らないので、注意する必要があります。
例えば、事業者変更を行う際に光アクセスサービスの移転を行う場合のように、電話番号の変更が必要になるケースがあるためです。
このため、現在使用している電話番号を変えずに、事業者変更と光アクセスサービスの移転などを行いたい方は、手続きを行う前に乗り換えを検討している光コラボ事業者に確認を行うようにしてください。

光コラボレーション間の乗り換えが可能に

2021年現在、光コラボレーション事業者(光コラボ回線を提供している事業者のこと)から別の光コラボレーション事業者に変更することはいつでも出来ますが、以前までは光コラボレーション間での乗り換えを気軽に行うことが出来ませんでした。
従来までは光コラボレーション間で乗り換える際は、一度契約中の光コラボ事業者を解約したうえで、新しい光コラボレーション事業者を契約しなければいけなかったからです。

契約中の光コラボ回線を解約して乗り換えを行う必要があったため、違約金や回線の撤去費用などが発生したうえに、更に乗り換え先で開通工事費用などの初期費用を請求されていました。
実際に、「乗り換え時にまとまったお金がかかるから気軽に別の事業者に変更できない」などの理由で、諦めてしまった方も少なくないでしょう。

しかし、こういった利用者の負担が大きい問題を解決すべく、2019年7月に「事業者変更」の制度が導入され、どなたでも気軽に光コラボレーション事業者を変更できるようになりました。

ちなみに、現在導入されている「事業者変更」は、今利用している既存の光ファイバーケーブルなどの機器をそのまま使用することができるため、基本的に工事費用は発生しません。開通工事の手配や工事費用を負担する必要がないため、費用面を気にすることなく、いつでも乗り換えを行うことが出来ます。

転用との違い

別の光コラボ回線を提供している事業者に事業者変更を行うことを検討している方の中には、「転用と事業者変更はなにが違うの?」と疑問を抱いている方も少なくあ。
転用と事業者変更は、どちらも現在契約している通信事業者から別の光回線を提供している事業者に乗り換えを行う手続きになっており、手続き方法も似ていることから混同してしまっていることが主な理由です。

しかし、一見同じように思える転用と事業者変更ですが、実際は「現在契約している光回線の事業者がどの企業なのか」によって承諾番号の取得や乗り換え方法が異なります。

例えば、「転用」は、「現在NTT東日本や西日本が提供している『フレッツ光』を契約中の方が、光コラボレーション事業者が提供している光回線に乗り換えを行う手続き」のことです。
現在契約中の光回線の事業者がNTT東日本または西日本の場合のみ「転用」と呼ばれます。
なお、転用を行う際に取得する承諾番号は、「転用取得番号」と言い、この番号を取得・発行することでNTTから光コラボ回線に乗り換えを行うことが可能です。

一方で、「事業者変更」とは、上記でも解説した通り、「光コラボレーション事業者から別の光コラボ回線を提供している通信事業者に乗り換える手続き」のことです。例えば、現在OCN光を契約している方が、ソフトバンク光に乗り換える際に、「事業者変更承諾番号」の取得を行うことで、SoftBankが提供する光コラボ回線に変更することが出来ます。

このように、事業者変更と転用は一見同じような手続きではありますが、現在契約中の光回線事業者によって、手続き方法や取得する承諾番号が異なることを覚えておいてください。

事業者変更承諾番号の取得方法

事業者変更の承諾番号を取得する場合、「現在契約中の光コラボ回線の事業者に承諾番号の発行手続き」を行うことで乗り換えに必要な番号を取得することが出来ます。
例えば、OCN光からソフトバンク光やドコモ光などの光コラボ回線に乗り換えを行う場合は、OCNの「webサイト(OCN光)」または「電話窓口」で事業者変更を行う際に必要な承諾番号の発行を依頼することになります。

ただし、これはあくまでもOCN光から事業者変更を行う場合の方法になっているため、必ずしもこの方法で事業者変更承諾番号を取得できるとは限りません。光コラボ回線の事業者によっては、「webサイトの窓口」のみ受付を行なっている業者もあるため、事前にあなたが契約している光コラボレーション事業者のホームページなどを確認しておくようにしましょう。

ちなみに、どの窓口で事業者変更承諾番号を取得すれば良いのか分からない方は、下記のページから「光コラボ回線に関するサポート窓口」で相談することを検討してみてください。こちらの「光コラボ回線に関するサポート窓口」では、事業者変更承諾番号の取得方法に関する相談を行えるうえに、事業者変更と併せて光回線の受付を行なっているため、事業者変更手続きなどに関する手厚いサポートを受けることが出来ます。ぜひ、下記のページから問い合わせてみてください。

手続きに必要な番号を取得する際の注意点

事業者変更承諾番号を取得する際は、どの業者でも事務手数料が発生するため注意が必要です。サービス内容によっては異なるケースもあるようですが、基本的に事業者変更承諾番号を発行する際の事務手数料として3,300円(税込)の支払いが必要になります。

また、光コラボ回線の事業者によっては、違約金の支払いを設けている業者もあるため、場合によっては事業者変更を行う際にまとまったお金の支払いが必要になる可能性もあります。このため、違約金が発生する可能性がある方は、事前に現在契約している光コラボ回線事業者に確認してみてください。

事業者変更承諾番号の有効期限

事業者変更を行う際に必要な承諾番号を取得した場合、1つ注意しなければならない点があります。それは、「事業者変更承諾番号には、有効期限が設けられている」点です。現在契約中の光コラボ回線事業者から取得した承諾番号は、どの通信会社も共通して「発行した日から15日間」の有効期限を設けているため、この期間内に乗り換え先の光コラボ回線に申し込みを行う必要があります。

なお、仮に発行した日から15日間以上の日数が経過してしまった場合、再度事務手数料を支払って、事業者変更承諾番号を発行してもらわなければなりません。事業者変更承諾番号を発行してもらう際の事務手数料は、そう安い金額ではないため、無駄なお金をかけないためにも必ず「発効日から15日以内」に乗り換え先に申し込みなどの手続きを行うようにしてください。

事業者を変更する際に人気の光コラボレーション回線

事業者変更を検討している方の中には、「今契約している光回線よりも安く利用できる事業者に乗り換えたいが、どの通信会社を選べば良いのか分からない」などとお悩みの方もいますよね。
中には、「光コラボ回線を提供している事業者が多くて、自身に合う通信会社を見つけることが出来ない」などの理由により、事業者変更の手続きを出来ないままでいる方もいます。
たしかに、NTT東日本や西日本以外の企業も光回線を提供できるようになったことで、様々な企業が光コラボレーション事業者として参入しているため、このような疑問などを抱くのも無理はありません。

では、どのような光回線を提供している事業者を選べば良いのでしょうか?

それぞれの環境によって適している事業者は異なりますが、「固定電話やネット回線に加えてスマホなどの料金も合わせて節約できる事業者」と契約するのがおすすめです。具体的には、以下の3つの光コラボレーション事業者に変更することをおすすめします。

・ソフトバンク光
・ドコモ光
・ビックローブ光

上記の3つは、大手通信会社のソフトバンク、ドコモ、BIGLOBEが提供している光回線です。これらの光回線事業者は、固定電話やネット回線だけでなくスマホの利用料金も安く抑えることができるうえに「キャンペーンや特典」などを用意しているため、月々にかかる固定費を節約することが出来ると数多くの方から高い人気を集めています。

なお、下記の「光回線に関するサポート窓口」では、上記で紹介した3つの光コラボ回線の事業者に事業者変更を行う際のサポートを行なっています。現在契約中の光コラボ回線事業者に事業者変更を行なったうえで、上記3社への乗り換えの手続きも受け付けることが可能です。
手間をかけずにスムーズに光コラボ回線の事業者変更を完了させたい方は、ぜひ下記のページから受付を行うことを検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /