固定回線の短期契約はできる?違約金なしで契約できる方法もご紹介!

最終更新日:

企業や団体の通信・システム担当者で「短期間だけインターネットの固定回線を使いたい」「短期契約できる固定回線のおすすめがわからない」とお悩みの方はいませんか。

工事現場の事務所や選挙事務所、住宅展示場やマンションギャラリーなど、「短期間だけの法人向け固定回線」のニーズはかなりあります。

複数人で使用するとモバイルWi-Fiでは容量不足になる可能性がありますし、通信速度の安定感から「固定回線が希望」という企業は多いです。実際「現場事務所にモバイルWi-Fiを導入したら、現場事務所から通信が不安定だとクレームが来た」という通信担当者の体験談も。

とはいえ「短期間しか使わないのに固定回線を契約したら、違約金や解約金がかかってしまうのでは?」と迷う方も多いのが実際のところ。また「短期契約でも、法人名義で契約できるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

大丈夫です。短期契約できる法人向けの固定回線はあります。しかも24ヶ月や36ヶ月といった契約期間の縛りがなく、違約金や解約金が発生しない短期契約です。

この記事では「短期契約できる法人向けのインターネット固定回線」「短期契約できる回線の申し込み時の注意点」についてご紹介します。


  • LINEで送る

建設現場や選挙事務所では短期間だけ固定回線が必要な場合が

短期間だけインターネット回線が必要になる場所としては、以下のようなところが挙げられます。

  • 建設・工事現場
  • 仮設住宅
  • 選挙事務所
  • 住宅展示場
  • 仮店舗

「工事の期間中だけ」「住宅を展示している間だけ」、インターネットを利用したいというニーズは多いのです。

「短期間であれば、モバイルWi-Fiが手軽でお手頃では?」と思われるかもしれませんが、実は現在では「短期間であっても光回線(固定回線)」が基本。その理由をご紹介します。

固定回線は通信速度が安定

光回線が支持される理由のひとつは、通信速度の速さです。通信が速いモバイルWi-Fiもありますが、安定して速いのは光。物理的にケーブルが現場まで来ているので、安定した高速通信ができます。

例えば「現場と本社でビデオ会議をしたい」「動画マニュアルを視聴したい」という場合には、やはり光回線がおすすめです。

固定回線はデータ容量無制限

固定回線のもうひとつの強みは、データ通信量が無制限であること。とくに複数人でネット回線を使用する場合、「容量無制限」「通信データ量を気にしなくてもいい」のは大きなメリットになります。

一方でほとんどのモバイルWi-Fiは、ネットを使いすぎて通信量が多くなると速度制限がかかります。ご自宅のモバイルWi-Fiで「月末になると速度が遅くなる」という経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家庭での利用であれば、速度が遅くなっても「スマホのモバイルデータ通信を使えばいいか」とか「今月はもう使わないようにしよう」と諦められるかもしれませんが、仕事ではそうはいきませんよね。

現場で固定回線を使うメリットや回線の選び方については、こちらのコラムで詳しく紹介しています。合わせてご覧ください。
工事現場でのインターネット・固定電話利用に最適な方法は?

固定回線の短期契約はできるの?

短期間であっても、法人が業務で利用するのであれば、安定して速くて通信量を気にする必要がない固定回線がおすすめ。けれど「短期契約なんてできるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

安心してください。短期契約できる固定回線はあります

ただしひとくちに「短期」といっても、1ヶ月、半年、1年など、利用したい期間は法人によってさまざま。利用予定期間や状況によっては光回線がおすすめできない場合もあるので、ご紹介します。

利用期間が1ヶ月未満で急ぐならモバイルWi-Fi

「1ヶ月未満しか利用しない予定で、至急インターネット回線が必要」ならモバイルWi-Fiがおすすめです。光回線は開通のための工事に2週間~1カ月かかるので、至急だと利用期間に間に合わないからです。

「容量や安定性は譲れない」という場合はやはり光回線がおすすめなので、余裕を持って受付窓口に連絡しておく必要があります。

利用期間が1ヶ月以上の場合は光回線

1ヶ月以上利用する場合には光回線がおすすめ。業務で使う以上、たとえ短期であっても安定性と通信容量は確保しておきたいからです。

ネット回線が遅いせいで、現場に指示が届くのにタイムラグができてしまうとロスですよね。仕事を効率的に快適に行うために、固定回線は欠かせないはずです。ぜひ固定回線の短期契約を検討してください。

短期で解約しても違約金なしで光回線を申し込むには?

短期契約できる固定回線はあります。

ただし「固定回線は長期契約が基本」とされています。そのため「24ヶ月は契約し続けてください」といったいわゆる契約期間の縛りがあったり、「短期で解約すると違約金・解約金がかかります」ということがほとんど。

短期で解約しても違約金がかからない固定回線を契約するには、申し込みの窓口選びが重要なんです。

光回線を短期で解約すると違約金がかかる?

光回線を申し込むときには、通常ですと24ヶ月や36ヶ月といった契約期間の縛り(最低契約期間)があります。

最低契約期間の縛りがあることで月額利用料金が安くなったり、通信会社によっては開通工事費のキャッシュバックを受けられたりする(開通工事費が実質無料になる)メリットがあります。一方で、どうしても契約期間内に解約したい場合に違約金や解約金がかかるのがデメリットです。

大手インターネット固定回線サービスの公式サイトを参考に、契約期間や解約金額をまとめてみました。

サービス・プラン名 最低契約期間 解約金
フレッツ光 にねん割(東日本エリア) 2年間 1,650~10,450円
ソフトバンク光 自動更新ありプラン(2年) 2年間 10,450円
ドコモ光 定期契約プラン 2年間 8,800~14,300円

大手・人気の固定回線でも契約期間の縛りがあり、短期解約には違約金がかかってしまうんですね。長期契約する場合なら「仕方ないか」と思えますが、短期契約したい場合には違約金や解約金がもったいないと感じてしまいます。

違約金なしで固定回線を短期契約する方法

では違約金なしで光回線を短期契約するためには、どうしたらいいのでしょうか。「もしかして、大手以外の回線を選べば違約金がないのかな?でも仕事で使うなら、大手のほうが安心だし…」と思ったあなた、違います。

実は重要なのは、申し込みの窓口。「違約金なしで、大手NTTの固定回線・フレッツ光が短期契約できる窓口」から申し込めばOKなんです。

フレッツ光だけではなく、フレッツ光のオプションやプロバイダーも違約金なしで短期契約することが可能ですよ。ちなみにフレッツ光のオプションには、以下のようなものがあります。

  • ひかり電話
  • Wi-Fi
  • 防犯カメラ

これなら、現場事務所や住宅展示場に必要な設備が一気に揃いますね。「フレッツ光とオプションを違約金なしで短期契約できる窓口」については、こちらのページをご覧ください。
専用窓口からお申し込みの方限定で、NTTの固定回線、電話番号、Wi-Fi、防犯カメラなどが短期間の利用でも解約金なし!

なおフレッツ光の導入時には、開通工事費がかかります。

「初期費用がかかってしまうなら、工事費無料で解約金ありのサービスを探したほうがお得になるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし「違約金あり&工事費無料の契約」と「違約金なし&工事費負担の契約」だと、「違約金なし&工事費負担の契約」のほうが結果的にお得になります。こちらのコラムで詳しく計算・比較していますので、ぜひ参考にしてください。
法人でも解約金なしで契約できる光回線は?

「手間を省きたい」「知識がなくて不安」という場合にもおすすめ

さきほど紹介したページからの申し込みは「光回線を違約金なしで短期契約したい」という方にはもちろんおすすめ。

さらにオプションも選べるので「必要な機器を一気に揃えたい」「機器選定と購入の手間を省きたい」という場合にも適しています。

また申し込みから解約までを窓口担当者がサポートするため、「インターネット回線の知識があまりなくて心配」という方も安心ではないでしょうか。

この受付窓口の利用件数は、なんと月間5,000件以上。多くの企業が利用していて取次実績が豊富だというのも、安心できるポイントですね。

法人契約の光回線ならNTTが安心

実は違約金・解約金なしで短期契約できる固定回線サービスは、紹介した窓口経由の「フレッツ光」以外にも存在します。

例えば「en光」など一部のコラボ事業者には、短期契約できるサービスがあります。コラボ事業者とは、NTT東日本・NTT西日本から「フレッツ光」回線の提供を受け、フレッツ光と独自サービスをあわせたサービスを提供する業者のことです。

コラボ事業者との契約でも、フレッツ光の回線を利用できるという点は変わりません。

しかし実際に使う回線は同じでも、法人の短期契約におすすめなのはNTTの「フレッツ光」なんです。その理由をご紹介します。

NTTのフレッツ光は法人シェアNo.1でサポート充実

法人契約にNTTの「フレッツ光」をおすすめする理由のひとつは、「法人契約ならNTTの固定回線がシェアNo.1」だから。大手だけにサポートもしっかりしています。

またNTTのフレッツ光なら、ひかり電話(ナンバーディスプレイ、転送電話サービス)、Wi-Fi、防犯カメラといったオプションサービスも充実。参考として、各オプションの月額利用料金を紹介しますね。

  • ひかり電話:550円(税込)
  • Wi-Fi:2,200円(税込)
  • 防犯カメラ:3,300円(税込)

このうちひかり電話については「ネット回線はいらないから、電話だけ欲しい」という契約も可能。その場合の月額料金は「3,080円(税込、東日本エリア)~」または「2,970円(税込、西日本エリア~」です。

ひかり電話やWi-Fi、防犯カメラがネット回線と一緒に揃えられるのは、現場事務所や展示場に備えつける機器を選んだり揃えたりする手間を省きたい方にとって、嬉しいポイントといえますね。

とくにWi-Fiは複数人でネット回線を共有する場合には必須の設備ですから、オプションでつけられるのは助かります。

なおフレッツ光のオプションやメリットについては、こちらのコラムでも詳しく紹介しています。
工事現場でのインターネット・固定電話利用に最適な方法は?

工事は営業時間や都合に合わせて実施可能

フレッツ光の回線には工事が必要です。

「工事がネックなんだよね」と思う方もいるかもしれませんが、実はフレッツ光の開通工事は営業時間に合わせて行うことができます。しかも1時間程度で終了するので、営業中であっても気にならない程度だと思います。

「営業時間に工事はどうしても困るので、土日に来てくれ」という希望も可能です。

ただ注意点がひとつあります。それは「申し込み受付から工事までは2週間~1ヶ月程度かかる」という点。「希望日に間に合わない」という事態を防ぐには、早めに申し込みをしておく必要があります。「現時点で、いつまで使うか決まっていない」という状態でも相談可能です。

こちらのページに記載がある電話番号またはフォームから、申し込みや問い合わせができます。
専用窓口からお申し込みの方限定で、NTTの固定回線、電話番号、Wi-Fi、防犯カメラなどが短期間の利用でも解約金なし!

利用期間が1ヶ月未満の短期契約ならモバイルWi-Fiの検討を

さきほども少しご説明したのですが「1ヶ月未満の短期契約が希望で、しかもすぐにインターネットを使いたい」なら、新たに固定回線を契約するよりもモバイルWi-Fiを契約するのがおすすめです。固定回線だと、開通工事までに2週間~1ヶ月かかってしまうためです。

モバイルWi-Fiなら工事不要ですぐに使えます。モバイルWi-Fiのメリットや便利な利用方法、注意点についてご説明します。

モバイルWi-Fiならすぐインターネットが利用可能

モバイルWi-Fiなら、必要な機器(ルーター)が届いたらすぐにインターネットを利用できます。工事やプロバイダー契約が不要なので待つことがなく、手軽なのもメリットですね。

固定回線が開通するまでの「つなぎ」として活用することもできます。「短期間・つなぎであれば、多少通信速度が不安定でも許容できる」という法人にはおすすめの方法です。

短期解約に違約金がかかるWi-Fiも

ただ注意しておきたいのは、「契約期間のしばりがあり、短期解約に違約金・解約金がかかる」というモバイルWi-Fiも多いこと。

モバイルWi-Fi3社の公式サイトで、最低契約期間や解約金について調べると、以下のような結果になりました。

サービス・プラン名 最低契約期間 解約金・違約金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス(2年) 25ヶ月間 9,500~19,000円
SoftBank Air 2年間 10,450円
ZEUS Wi-Fi なし なし

ZEUS Wi-Fiは法人契約が可能で、短期解約でも解約金がかからないモバイルWi-Fiです。ただ公式サイトには「大量のデータ通信をするなら、固定回線をおすすめします」と注意書きがされていました。


モバイルWi-Fiを契約する場合には、通信速度が業務利用に耐えうるか、違約金がないか、そしてそもそも「法人契約がしやすいか」に注意
しましょう。

まとめ:固定回線の短期契約はできる!違約金なしで契約したいならコレ

工事現場の事務所や選挙事務所、住宅展示場やマンションギャラリーなど「短期間なんだけど、固定回線を利用したい」という企業のニーズは多いです。

「短期だからモバイルWi-Fiでいいか」と考える方も多いですが、やはり通信速度が安定しているのは固定回線。光回線なら大量のデータをやりとりしたりビデオ会議を行ったりする職場でも、通信に不安を感じずに業務が快適にすすめられるはずです。

ただ固定回線の契約でネックになってくるのが「契約期間の縛り(最低契約期間)」と「短期解約時に発生する違約金や解約金」。

そんなお悩みを解決するため、違約金なしで短期解約できる固定回線サービスが登場しています。

短期契約を希望する法人におすすめなのは、「違約金なしで短期契約が可能な受付窓口」から「フレッツ光(NTT東日本・NTT西日本)」を契約すること。

なんといっても、法人向けシェアNo.1のフレッツ光を、違約金なしで短期契約できるのが一番のメリットです。さらにフレッツ光なら、職場のネット環境を快適にするWi-Fiや、ひかり電話、防犯カメラなどのオプションも充実しています。

単に短期契約が可能になるだけではなく、申し込みから解約まで、窓口担当者のサポートが受けられるのもメリット。そのため「業務用固定回線の契約が初めて」「ネット回線についてあまり知識がない」と不安な方にもおすすめです。月間5,000件もの取次実績があるというのも、安心して利用できるポイントでしょう。

注意点は、固定回線の工事には2週間~1ヶ月ほどかかるため、早めに相談すべきということ。現時点で契約期間がいつまでになるか決まっていなくても相談できるので、法人用に固定回線の短期契約を考えている方は、まずは電話かフォームで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る