浴室乾燥機のガス代はどれぐらい?ガス式浴室乾燥機のメリットとは?

最終更新日:

浴室乾燥機は、浴室にカビが生えるのを防いだり天気の悪い日にお風呂場で洗濯物を乾かす手助けをしてくれたりと、様々な使い方が可能な家電製品です。

しかし、その便利さからついつい使い過ぎてしまい、「ガス代がどれだけ請求されるのか不安…」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、浴室乾燥機を使用した際に発生する毎月のガス代や、ガス式の浴室乾燥機を使用するメリットについてご紹介します。


  • LINEで送る

浴室乾燥機のガス代はどれ位?

まずは、ガス式の浴室乾燥機を使用した場合にかかる月々のガス代について考えてみましょう。

浴室乾燥機のガス代の算出方法

ガス式の浴室乾燥機を使用する際に発生するガス代は、「ガスの消費量」×「ガスの契約料金」により算出されます。「ガスの消費量」については、浴室乾燥機の製品カタログや製品に貼られたシールを見れば分かる様になっています。

 

製品ごとに多少の違いはありますが、ガス型の浴室乾燥機を1時間稼働させる際に発生するガス代は、50円前後を目安に考えておくと良いでしょう。

ガス式の浴室乾燥機を使用する際にも電気代がかかる

ガス式浴室乾燥機を使用する場合には、ガス代のみでなく電気代も発生します。パナソニック製のガス式浴室乾燥機を例に出してご紹介します。

<型式:ABD-4113ACSKJ3M(暖房能力:4.1kW)、自動乾燥消費電力:62.5W>

衣類乾燥時間  70分
電気代  約2円
ガス代  約55円
ランニングコスト  約57円

 

この様に少額ではありますが、ガス式の浴室乾燥機を使用する際のランニングコストには、電気代も含まれる点を押さえておきましょう。

ガス式浴室乾燥機を使うメリットとは?

ここからは、ガス式の浴室乾燥機を使うメリットについて見てみましょう。

乾燥し終えるまでの時間が短くて済む

ガス式の浴室乾燥機は電気式のものと比べてパワーが強く、比較的短時間で浴室の乾燥を完了出来る傾向にあります。

 

短い時間で乾燥を行える点は、雨が多い地域にお住まいの方や一人暮らしの女性の様な「お風呂場で洗濯物を干したい」とお考えの方にとって、嬉しいポイントではないでしょうか?

ランニングコストが安い

ランニングコストが電気式のものと比べて安く済む点も、ガス式浴室乾燥機を利用するメリットの1つです。

製品毎に違いはありますが、2kgの洗濯物を浴室乾燥機を使って乾かす場合に必要となる光熱費は、電気式が85円程であるのに対して、ガス式は60円に抑える事が出来ます。

 

電気式の浴室乾燥機は使用環境によって、乾燥までにかかる時間が大幅に伸びる点を考慮すると、ガス式浴室乾燥機はコストパフォーマンスという点でも優れていると言えます。

ガス式浴室乾燥機を使用することで月々の光熱費を抑えることができることがわかりました。

さらにガス自体の契約を見直すことでさらに光熱費を安くすることが可能です。自分に適したガスの契約内容を知りたい方は是非こちらのコラムをご覧ください。

まとめ:浴室乾燥機のガス代はどれぐらい?ガス式浴室乾燥機のメリットとは?

いかがでしたか?本記事の内容をまとめると、

  • ガス式の浴室乾燥機のガス代は乾燥時間1時間当たり約50円
  • ガス式の浴室乾燥機は電気式のものと比べて、コストパフォーマンスが高くスピーディーな乾燥が可能である

という事でした。

性能面でもコスト面でも魅力的なガス式浴室乾燥機。まだ使用した事がないという方は、本記事をきっかけに、ぜひガス式浴室乾燥機の購入を検討してみて下さい。

「まるっとシリーズ」「まるっとガス」で月々のガス代をもっとおトクに

株式会社ラストワンマイルが提供するライフラインサービス「まるっとシリーズ」では、ガスサービスである「まるっとガス」以外にも、ウォーターサーバー・電気・光回線など、様々なライフラインサービスを取り扱っています。

 

そしてこの「まるっとシリーズ」では、契約サービス数が増えるごとに様々な会員特典や、割引制度を利用する事が可能となっています。

「生活料金の支払い管理を一元化したい」「もっとおトクなライフラインサービスに乗り換えたい」とお考えの方は、ぜひ一度「まるっとシリーズ」のご利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る