ウォーターサーバーにカビが発生する理由と対処方法をご紹介!

生活に使えて便利なウォーターサーバーですが、使っているうちにカビが発生する場合もあります。

せっかくきれいな水を飲めるにもかかわらず、カビが発生してしまっては元も子もありません。

 

そこで今回は、ウォーターサーバーにカビが発生する理由と対処方法をご紹介します。

きれいな水を飲むために、ぜひ参考にしてみてください。

カビが発生する理由と対処方法

そもそもカビが発生する原因は、ウォーターサーバーを置いている場所や環境にあります。

まずは、どのような場所や環境でカビが発生しやすいのかをご紹介します。

日当たりが悪い場所

ウォーターサーバーにカビが発生する理由として、日当たりが悪い場所に置いている事が挙げられます。

カビは湿気の多い場所に発生しやすいので、日が当たりにくいキッチンや洗面所近くは注意が必要です。

 

ウォーターサーバーにカビを発生させないためには、日当たりが悪い場所を避けるようにしましょう。

ただし、日が当たりすぎるのもよくないため、適度に日が当たる場所を探してみてください。

給水口の内側

ウォーターサーバーにおいて、カビが発生しやすいのが給水口の裏側です。

水が通る場所であり、さらに掃除がしにくいためカビが発生して、繁殖しやすい環境だといえるでしょう。

きれいな水を使っていても、給水口が汚ければ意味がありません。

 

そのため、給水口は定期的に掃除をして水分を拭き取るようにしてください。

こまめに掃除することで、カビの発生リスクを最小限に抑えることができます。

水の受け皿

水の受け皿部分も、カビが発生しやすい場所となっています。

比較的目に付きやすい部分ではありますが、掃除を怠っているとカビが発生することもあります。

また、放置しておけばカビが周囲に広がってしまいます。

 

そのため、定期的に水の受け皿部分の水分を拭き取っておきましょう。

そうすることで、常にきれいな状態で使うことが可能です。

ボトルの設置部分

ウォーターサーバーの水を交換する際、ボトルの設置部分に水が溜まることがあります。

これを放置しておくと、カビが発生する原因になるのです。

また、水を温める機能がついているものは、さらにカビが発生しやすいと考えおきましょう。

 

対処方法は、ボトル交換時に設置部分を掃除しておくことです。

設置部分を掃除しておけば清潔な状態が保たれるため、カビを発生させることなくきれいにウォーターサーバーを使うことができます。

常にきれいな状態をキープしておく

どの場合にも当てはまることとして、湿気が多く不衛生になっている場所にカビは発生しやすい点があります。

 

そのため、ウォーターサーバーにカビを発生させないためには、常にきれいな状態をキープさせる必要があるのです。

定期的な掃除や水分が溜まっている場所はすぐに拭くなど、日頃から気にかけてあげましょう。

まとめ:ウォーターサーバーにカビが発生する理由と対処方法をご紹介!

今回は、ウォーターサーバーにカビが発生する理由と対処方法について紹介しました。

カビは、環境によってどこにでも発生する可能性があるものです。

そのため、常に清潔な状態を維持することがカビの発生予防につながります。

 

ウォーターサーバーは水を使うため、カビの好む湿気が溜まりやすくなります。

そのため、きれいにしているつもりでもカビが発生することは多いのです。

定期的にウォーターサーバーのチェックを行い、少しでもきれいに使えるようにしましょう。

ウォーターサーバーを使うならまるっとシリーズがおすすめ

ウォーターサーバーを少しでもお得に利用したいという方におすすめなのが、まるっとシリーズのウォーターサーバーです。

まるっとシリーズは、電気・ガス・光回線などと連携することで、割引率を上げることができるサービスで、ウォーターサーバーも含まれています。

 

ウォーターサーバーは月々のコストもかかるため、少しでもお得に利用したいならまるっとシリーズがおすすめです。

家庭環境に必要なインフラを揃って契約できる点もおすすめなので、ぜひ活用してみてください。