オフィス・会社の固定電話が繋がらない原因とは?

最終更新日:

オフィスの固定電話が使えなくなってしまった場合、複数の原因が考えられます。
仕事で使う電話が壊れた時はつい焦ってしまいがちですが、本記事で固定電話が壊れた時の原因と対策をご紹介いたします。
ご家庭の固定電話についてもお役に立てる内容となっております。
固定電話が使えなくなったよくある原因を調べ、焦らず冷静に対処していきましょう。

オフィス・会社の固定電話が壊れた時の原因

オフィス・会社に設置している固定電話が使えなくなった場合、原因として以下のようなケースが考えられます。

・ビジネスフォン用の主装置の電源が入っていない
・主装置が故障している
・ケーブルの配線に問題が生じている
・IP電話のスイッチングハブが適切に繋がれていない
・LANケーブルが繋がっていない

ビジネスフォンは、アナログ回線でもIP電話でも主装置が使われているので、故障の原因も主装置にある場合があります。

また、IP電話で使われているスイッチングハブは、適切にLANケーブルを接続していないと通信が適切に処理されずに、エラーを起こしやすい状態になることも。

IP電話や光電話などでは、回線自体に通信障害が発生した場合も通話ができなくなります。

固定電話が壊れた時の対処法

会社の固定電話が壊れてしまった時の対処法をケースごとにご紹介いたします。

特定の電話機のみ使えなくなったら

オフィス内の特定の電話機だけ使えなくなってしまった場合は、
・ケーブルの接続
・電話機の故障
が考えられます。

まずは、電話機と主装置のケーブル接続が適切に接続されているか確認しましょう。
接触不良を起こしている場合、ケーブルを繋ぎ直すと通話できるようになります。

ケーブルを繋ぎ直しても使えない場合は、電話機に問題があるかもしれません。
電話のボタン音が鳴るか確かめたり、作動している電話機と入れ替えてみて問題なく使えるようだったら、新しい電話機に交換しましょう。

オフィス内のすべての固定電話が使えなくなったら

オフィス全体で固定電話が使えなくなってしまった場合は、回線まわりに問題が生じている可能性があります。

主装置やルーター、アダプタ、モジュラージャックあるいは光コンセントなどが適切に接続されているかどうか確認してください。

きちんと接続されていても、なんらかの問題が起きている場合は接続機器のランプが消灯していることもありますので、説明書に則った作業を行ってください。

回線との接続に問題がなければ、回線に不具合が起こっている可能性があります。
パソコンなどでネット接続の状態を確認して、通信回線自体に問題があったら、回線事業者か契約しているプロバイダに連絡してみてください。

ひかり電話が繋がらない・・・ひかり電話が繋がらない原因と対処法について

固定電話が壊れたまま解決しなかったら?

上記の方法でも問題が解決しなかった場合は、利用する固定電話サービスのサポートにまずは連絡してみましょう。

例えば、フレッツ光のひかり電話(IP電話)を使っている場合は、フレッツ光のサポートセンターに問い合わせてください。

ひかり電話なら転送機能が使える

ひかり電話を利用している場合、事前に登録しておけば転送機能(ボイスワープ)が利用できます。
また、ひかり電話オフィスAを契約している場合は故障や停電が発生した時に一括転送できる「故障・回復通知機能」というオプションサービスがあります。

1回線ごとに3,000円/月(税抜き)かかりますが、仕事で電話が必要な場合などは登録しておくと万が一の時も安心です。

電話機の故障以外で考えられること

念のため電話機の故障以外の原因も探ってみましょう。
簡単な確認項目を4項目挙げますので確認してください。

インターネット回線はつながっているか?

電話が使えなくて困っている場合、念のためインターネット回線はつながっているかも確認してください。
もしインターネット回線がつながっていない場合、インターネットの契約や、機器の故障、配線の問題などが考えられます。
様々な問題が考えられますので、下記のコラムから現在の状況をセルフチェックしてみましょう。

利用環境に適切な電話機を使用しているか

オフィスの電話回線は、様々なオプションプランに対応しているものを利用することが通常です。
内戦機能や複数同時着信に対する対応など、オフィス用の電話機を使用しなくてはなりません。また、配線も異なり、電話機とは別に特別な装置が必要になります。
その他様々な機能が求められることから、誤った電話機を導入している場合、正常に動作しないことが考えられます。
正しい電話機の選び方、配線工事などに関しては下記のコラムに詳しく説明されていますのでご確認ください。

ひかり電話が乗っ取られてはいないか?

ひかり電話が乗っ取られてしまうなどということがあるのでしょうか?
実はひかり電話が乗っ取られて不正利用されていたケースが報告されています。
乗っ取られてしまうことにより正常に利用することができないという場合があります。
その場合、通話料の請求が平常時よりも多いなど、変化が見られるはずです。
詳しくはこちらのコラムにまとめてありますので心当たりのある方は早急にチェックしてみてください。

停電にはなっていないか?

もしお使いの電話がひかり電話の場合、停電時は電話を使用することができません。
停電時にも使用できるのはアナログ回線であるNTTの固定電話のみとなります。

今お使いの電話がひかり電話の場合、業務上、停電時に使えないようだと非常に困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は停電対応機器を使用すること、ひかり電話オフィスAを使用することで、停電時でもひかり電話を使用することができるようになります。
詳しい方法については下記のコラムに詳しくまとめてありますので是非ご検討ください。

まとめ:オフィス・会社の固定電話が繋がらない原因とは?

いかがでしたか?今回の内容をまとめると、
・固定電話が繋がらなくなったらまずは原因を見つけること
・対処しても解決できなければ問い合わせを行う
・ひかり電話オフィスA(エース)では何かあった時でも安心
という事でした。

オフィスの固定電話は、仕事をする上で大切な設備です。しかし、毎日使っていれば予期せぬトラブルに見舞われることもあります。

長く快適に使うためにも、定期的なメンテナンスを大事にしていきましょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /