フレッツ光ネクスト隼とは?フレッツ光との違いは?プランや料金を解説!

最終更新日:

フレッツ光ネクスト隼(はやぶさ)は、NTT西日本が提供している非常に人気な高速インターネットです。

これから光回線の契約を考えていて、「NTTだと安心だから、フレッツ光ネクスト隼を申し込みたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。実際にフレッツ光ネクスト隼はとてもおすすめのネット回線です。

しかしNTT西日本には「フレッツ光ネクスト」「フレッツ光ネクスト 隼」と異なるサービスがあり、違いがわからずどちらを選んだらいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。この記事ではそのような疑問も解決します。

最後まで読んでいただければ、「フレッツ光ネクスト隼の料金や詳細」「お得なお申し込み方法」がわかります。ぜひ参考にしてください。

法人フレッツ法人フレッツ

フレッツ光ネクスト隼とは

フレッツ光ネクスト隼(はやぶさ)は、NTT西日本が提供している光回線のプラン名です。

正確には「フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」「フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」といいます。

この章ではまずフレッツ光ネクスト隼について紹介します。

フレッツ光ネクスト隼とは

フレッツ光ネクスト隼は、NTT西日本が提供している光回線のプランのひとつです。NTT西日本の光回線の料金プランのうち、最も一般的で人気のあるプランとなっています。

現在、NTT西日本の光回線には、以下の料金プランがあります(フレッツ光ライトは2023年3月31日で新規受付を終了しました)。

プラン

通信速度

フレッツ光クロス

最大10Gbps

フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

最大1Gbps

フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション・ハイスピードタイプ

最大200Mbps

フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション

最大100Mbps

フレッツ光ネクスト隼の人気が高い理由としては、以下のことが考えられます。

  • 料金とスペックのバランスがよい
  • 対応エリアが広い

通信速度の違いで言うと、フレッツ光クロスの方がフレッツ光ネクスト隼よりも断然速いです。ただしフレッツ光クロスは利用可能エリアが限られており、料金も高くなります。

一方「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」「フレッツ光ネクスト」はスーパーハイスピードタイプ隼と料金は同じなのに、通信速度は遅くなってしまうという違いがあります。

そのためバランスの良いフレッツ光ネクスト隼を選ぶ人が多いのでしょう。

フレッツ光ネクストとフレッツ光ネクスト隼の違い

サービスとして月額利用料などはほぼ変わらないのですが、通信速度が大きく異なります。
上記表にある通り、「フレッツ光ネクスト」は最大100Mbps、「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」は最大200Mbpsですが、「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼」は最大概ね1Gbpsになります。

フレッツ光ネクスト隼でできること

スーパーハイスピードタイプ隼の回線速度は最大1Gbpsと高速なので、快適かつ安定してインターネットを利用できます。

例えば以下のようなことが可能です。

  • 自宅でオンライン授業を受ける
  • 自宅で職場・取引先とオンライン会議をする
  • オンラインゲームを楽しむ
  • 動画やオンライン配信を視聴する

通信が高速かつ安定していれば、動画・配信やゲームが途切れる心配は少なくなります。

そのため隼は「モバイルWi-Fiだと動画や会議の音声・映像が途切れてしまい、集中できない」「ゲーム画面のカクつきやラグが気になるし、プレイにも影響してしまう」という方にもおすすめできるプランです。

フレッツ光ネクスト隼にかかる料金

フレッツ光ネクスト隼の料金について解説します。

フレッツ光ネクスト隼の月額料金

フレッツ光ネクスト隼には、以下の2つのタイプがあります。

  • 戸建て向け:ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
  • 集合住宅向け:マンション・スーパーハイスピードタイプ隼

それぞれの月額料金を紹介します。

ファミリータイプ 5,940円+プロバイダ利用料金
マンションタイプ 3,520円/4,070円/4,950円+プロバイダ利用料金

※2023年9月28日時点の情報です。※金額は税込みです。

マンションタイプの月額料金に幅があるのは、「同じ建物内でのフレッツ光の契約見込み数」によって料金が変わるためです。契約見込み数が多いほど、料金は下がります。

オプション料金

フレッツ光ネクスト隼では、「ひかり電話」などのオプションを追加できます。また「ホームゲートウェイ」「無線LANカード」をレンタルする場合も、月額料金が加算されます。

主なオプション料金をまとめました。

フレッツ光ネクスト隼の初期費用

フレッツ光ネクスト隼を利用開始するときには、工事費などの初期費用がかかります。

初期費用をまとめました。

契約料 880円
工事費(標準的な工事の場合)

・ファミリータイプ:19,800円

・マンションタイプ:16,500円

※2023年9月28日時点の情報です。※金額は税込みです。

上記は標準的な工事の場合であり、建物の状況によっては工事費が変わります。

なおフレッツ光ネクスト隼の工事費は、2023年12月2日申し込み受付分から、ファミリータイプ・マンションタイプともに22,000円に値上がりする予定です。

フレッツ光ネクスト隼の対応エリア

フレッツ光ネクストの対応エリアを紹介します。

フレッツ光ネクストの対応エリア

西日本におけるフレッツ光ネクストの対応エリアは以下の通りです。

北陸

富山、石川、福井

東海 愛知、静岡、三重、岐阜
関西 大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山
中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国 徳島、香川、愛媛、高知

九州・沖縄

福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

※2023年9月28日時点の情報です。

表の通り、フレッツ光ネクストはNTT西日本が管轄する多くのエリアで利用できます。ただ「福井県」「奈良県」「和歌山県」「島根県」などをはじめ、サービス未提供の市区町村がある県もあります。

サービスエリア内・エリア外の具体的な市区町村名を知りたい方は、NTT西日本公式サイト内「フレッツ光ネクスト」のページで、「サービス提供エリア」にある府県名をクリックしてください。

NTT西日本の公式サイト上では、郵便番号で「フレッツ光を利用可能なエリアかどうか」も調べられますので、申し込み前にチェックしてみてください。

NTT西日本公式サイトの提供エリア確認はこちらから

フレッツ光ネクスト隼を活かすプロバイダ選び

フレッツ光ネクスト隼を利用するには、回線の契約とは別にプロバイダ契約が必要となります。

プロバイダとは…

インターネット回線をインターネットにつなぐための事業者。回線だけ契約してもネットは利用できない。

フレッツ光ネクスト隼に対応しているプロバイダは紹介しきれないくらい多いため、どうやってプロバイダを選べばいいか迷ってしまう方も少なくありません。

そこでこの章では、プロバイダを選ぶ際のポイントを紹介します。

プロバイダ選びのポイント

プロバイダ選びのポイントは以下の4つです。

  • IPv6(IPoE)対応
  • 月額料金
  • 利用できるサービスやキャンペーン
  • 申し込み手続きの手軽さ

IPv6(IPoE)とは、回線の混雑を避けて快適かつ高速でインターネットが利用できる、新しい通信・接続方式のことです。高速で通信したいなら、IPv6(IPoE)接続に対応しているプロバイダを選ぶ必要があります。特に戸数の多いマンションにお住まいの場合や人口密集地域にお住まいの場合はIPv6(IPoE)対応のプロバイダをお勧めいたします。

またプロバイダによって以下のような料金・サービスの違いがありますので、しっかり比較して選びましょう。

  • 月額料金
  • 無料期間・割引期間の有無
  • セキュリティ対策
  • 設定サポートの有無

なお「申し込み手続きが面倒」という方には、フレッツ光ネクスト隼の申し込みと同時にプロバイダにも申し込める「withフレッツ」を使うのがおすすめ。

「withフレッツ」に対応しているプロバイダの月額料金と「IPv6対応の状況」をまとめました。

おすすめのプロバイダは?

安さ重視ならBB.exciteやhi-hoがおすすめ。BIGLOBE・DTIも、無料特典があるので長期間リーズナブルに利用できます。

またパソコンやネットの設定に不慣れで不安な方は、設定サポートがある「BIGLOBE」「plala」なら安心できるでしょう。

フレッツ光ネクスト隼を契約する時のポイント

フレッツ光ネクスト隼を契約する際に知っておきたい「割引サービス」「オプションサービス」「注意点」を紹介します。

利用できる割引制度を調べておこう

フレッツ光ネクスト隼には、割引制度があります。お得に利用するために、適用できる割引を調べて加入しましょう。

光はじめ割 2年ごとの自動更新制で契約すると、月額料金が割引される。
グループ割 家族や友人同士でグループをつくって一緒にフレッツ光を使うと、月額330円~990円の割引。新規受付は2023年11月30日まで。
移行工事費割引 フレッツADSL/ISDN、INSネットからの移行時に、基本工事費等が無料になる。

光はじめ割は以下のように割引額が大きいので、適用しておくことをおすすめします。

料金タイプ 割引なしの場合 光はじめ割適用後1~2年目 光はじめ割適用後3年目~
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 5,940円 4,730円 4,521円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 タイプ1 4,070円 3,575円 3,388円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 タイプ1 3,520円 3,135円 2,948円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 ミニ 4,950円 4,345円 4,092円

※2023年9月28日時点の情報です。※金額は税込みです。

光はじめ割の解約時には解約金がかかる可能性あり

お得な「光はじめ割」ですが、注意点もあります。

光はじめ割は2年ごとの自動更新制で、契約期間内に解約すると以下の解約金(違約金)がかかってしまうのです。

解約金は以下の通りです。

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 4,400円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 2,200円

※2023年9月28日時点の情報です。※金額は税込みです。

ただし割引適用期間の「満了月」「満了月の翌月・翌々月」に解約する場合は、解約金はかかりません。

光はじめ割に加入するかどうかは契約者が選べますが、月々の割引額がかなり大きいので、長く使う予定なら加入しておいた方がよいでしょう。

なお解約金については、プロバイダ解約時にプロバイダへの解約金・違約金が発生することもあるので注意してください。

必要なオプションのみを追加しよう

フレッツ 光ネクスト隼には「ひかり電話」「ホームゲートウェイや無線LANカードのレンタル」といったオプションがあります。

不要なオプションをつけすぎると、当然のことながら月々の支払い額が増えてしまいます。本当に必要なオプションだけに絞って契約しましょう。

悪質・強引な代理店ですと不要なオプションまで無理に進めてくることがあるようです。不要なものはきっぱりと断りましょう。

プロバイダによってはフレッツ光ネクスト隼に対応不可なので注意

フレッツ光ネクスト隼を利用するには、プロバイダとの契約が必須です。

ただ一部プロバイダはフレッツ光ネクスト隼に対応していないので注意してください。また地域によっても使えるプロバイダが変わります。

フレッツ光ネクスト隼に対応しているプロバイダは、NTT西日本の公式サイトで確認できます。

なお「withフレッツ」のプロバイダはすべて隼にも対応可能です。

マンションの設備によっては、フレッツ光ネクスト隼(マンションタイプ)が契約できないので注意

「サービス提供エリア」にお住いの市区町村が含まれていても、マンション・アパートの光回線設備によっては、フレッツ光ネクスト隼を利用できないことがあります。

例えば「住んでいるマンションの回線設備がVDSL方式・LAN配線方式」の場合には、スーパーハイスピードタイプ隼は契約できません。

スーパーハイスピードタイプ隼の利用には、建物内の配線方式が「ひかり配線方式」である必要があるからです。

また「CATV回線を導入しているので、フレッツ光は使えない」といったケースもあります。引越しの場合は、入居前に回線設備について不動産屋さんや管理会社に聞いておくといいでしょう。

フレッツ光ネクスト隼の申し込み方法

電話をする女性_フレッツ光ネクスト隼のプランや料金を解説!回線速度が遅くて高い?

フレッツ光ネクスト隼の申し込み方法について、「申し込みの流れ」と「開通までの目安期間」を紹介します。

フレッツ光ネクスト隼の申し込み方法

フレッツ光ネクスト隼をNTT西日本の公式サイトから申し込む場合の流れは以下のようになります。

  1. 自宅・店舗・オフィスの所在地でフレッツ光が利用できるかチェック
  2. NTT西日本の公式サイトから必要事項を記入して申し込み
  3. NTT西日本とプロバイダから開通案内などの契約関係書類が届く
  4. 開通工事の実施
  5. インターネットの設定を行い、ネット利用開始

フレッツ光が利用できるエリアなら、ネットから必要事項を記入して申し込み可能です。

申し込みに必要な情報や、申し込みまでに決めておくべきことは以下の通りとなっています。

  • 契約者の氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所
  • 支払い用のクレジットカードまたは銀行口座の番号
  • 契約するオプションサービス(ひかり電話など)
  • レンタルする機器
  • 契約するプロバイダ

申し込みをラクにしたい場合の窓口

上記を見て「どのオプションサービスを契約したらいいかわからない」「プロバイダを選べない」と困ってしまった方もいるでしょう。

NTTの窓口で相談もできますが、窓口の電話がつながりにくくて時間がかかることも少なくありません。

そこでおすすめなのが、フレッツ光の導入支援実績が豊富なこちらの【NTT西日本】フレッツ光ネクスト導入窓口です。

こちらの窓口では「希望する住所でフレッツ光が使えるかどうか」から「利用すべきオプションサービス」「おすすめのプロバイダ」まで調べて提案してくれるので、かなり手続きの労力を減らせます。

申し込みに不安がある方や、スムーズに手続きしたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。
【NTT西日本】フレッツ光ネクスト導入窓口はこちらから

フレッツ光の利用開始までにかかる日数

新規で申し込む場合、フレッツ光の申し込みから利用開始までは2週間~1ヶ月ほどかかります。

開通工事は予約制で、順番に実施されるからですね。

申し込みしてすぐ工事に来てもらえるわけではないため、開通まではしばらく時間がかかってしまいます。

引越し日や店舗・オフィスの開業日が決まっている場合、希望日に間に合うよう早めに申し込みをしておきましょう。

引越しシーズンである3月・4月は工事予約が混みあうので、特に早めの申し込みをおすすめします。

フレッツ光ネクスト隼は遅いって本当?評判を確認!

フレッツ光ネクスト隼では、基本的に安定した高速通信が楽しめます。

ただし「戸数の多いマンション」や「利用しているプロバイダ」「時間帯」などによっては、速度が落ちてしまうこともあります。

「隼の回線速度が遅い!」という口コミ

隼の回線速度についてSNSで口コミを検索してみると、速度や安定性について以下のような評判が見つかりました。

  • フレッツ光隼に変えてから、回線速度がひどくなった。
  • フレッツ光隼の速度がすごく遅い。
  • フレッツ光ネクスト隼(プロバイダ:ぷらら)が最近夜になると速度が遅くて使いものにならない。他のプロバイダをお試しで使ってみたら、ちゃんと速度が出る。

やはりプロバイダや時間帯によっては、遅くて不便だと感じる人もいるとわかります。

回線速度が遅いと感じた場合の対処法

IPv6(v6プラス)を利用してみる

プロバイダの接続方法がIPv4なのかIPv6(v6プラス)なのかで回線速度が変わります。

IPv6(v6プラス)の利用が可能なプロバイダであれば回線速度が速くなりますのでご自身の設定を確認してみてください。

ちなみに、IPv6を利用するにはWi-FiルーターもIPv6に対応している必要があるので、購入するかレンタルしましょう。

パソコンや周辺機器をスペックの高いものに買い替える

パソコンや周辺機器が古いせいで通信速度が遅くなることがあります。

あまりにスペックが古いものを利用している場合は、これを機に新しいものに買い替えることをおすすめします。

また特に気にしないで使いがちなものにLANケーブルがあります。

LANケーブルには「カテゴリ」という規格があり、古い規格のものを使用していると回線速度が出ません。カテゴリはCAT6またはCAT7を使用するようにしましょう。規格の確認方法ですがLANケーブルにプリントされています。

フレッツ光ネクストのままでプロバイダを変える

回線速度が改善しない、IPv6(v6プラス)にプロバイダが対応していない場合は、フレッツ光の契約を続けつつプロバイダを乗り換えるのがおすすめ。

プロバイダを乗り換える場合は、以下の手順で手続きを進めましょう。

  1. 1. 新しいプロバイダに申し込み、契約手続きする
  2. 2. 新しいプロバイダとの契約期間が始まってから、元のプロバイダを解約する
  3. 3. 新しいプロバイダでのインターネット接続設定を実施

元のプロバイダを先に解約すると、「ネットが使えない空白期間」ができてしまいます。空白期間ができないように注意してください。

まとめ:フレッツ光ネクスト隼とは?フレッツ光との違いは?プランや料金を解説!

「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼」は、NTT西日本の光回線の料金プラン中、もっともポピュラーです。高速で安定した通信が可能でリモート会議や動画視聴も快適に行えます。

ただしお申し込みの際、窓口によっては電話が繋がらなかったり、自分で工事日の手配・確認をする手間が発生したり、インターネット開通までにかかる期間が長い場合があるため、申し込み窓口選びも重要です。

こちらの「【NTT西日本】フレッツ光ネクスト導入窓口」はNTTサービス月間導入3,000件以上の実績と、インターネット回線の開通の早さからおすすめの窓口です。またプランの相談や提供エリアの確認もできますので安心です。

導入時に発生してしまう工事費などを負担してくれるキャンペーンを行っている場合がありますのでお得にインターネットを導入できますよ。

【NTT西日本】フレッツ光ネクスト導入窓口はこちらから

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /