【2024年版】固定電話の番号取得方法を解説!法人電話番号作成と無料アプリのメリット・デメリット

最終更新日:

固定電話の番号を取得するにはさまざまな方法があります。

法人の場合、NTTと契約して電話番号を取得するのが一般的な流れだと考えている方も多いと思いますが、近年では無料通話アプリなども活用して電話番号を取得できるサービスも増えてきました。

固定電話番号が使えるようになるまでの流れや、固定電話の番号取得に関する疑問や悩みを解決し、スムーズに手続きを進めるための情報を解説していきます。それぞれのメリットとデメリットを理解して、最適な方法を選びましょう。

法人フレッツ法人フレッツ

会社用の固定電話の番号取得について

会社用の固定電話を設置する場合、まず必要になるのが番号の取得です。慣習的に行っているように思われる番号の取得は、なぜ必要なのかについて見ていきましょう。

新設法人や新規店舗の出店で固定電話番号が必要な理由

携帯電話の普及により、固定電話の番号取得の必要性は以前より薄れたと思われています。しかし、固定電話は今でもいくつかの手続きに必要であり、メリットもある番号です。

HPや名刺、チラシに掲載

固定電話の一つ目の用途は、会社のホームページや名刺、チラシといった媒体への掲載です。記録に残る媒体へ電話番号を掲載する場合、固定電話番号を取得しておかなければ変更が生まれる可能性もあり、信頼性の面では固定電話が優れています。

スマホ・携帯電話番号は、携帯事業者を変えた際や使用している社用携帯によって異なる番号となるため、常に番号変更の対応ができるとは限りません。

固定電話に顧客向けの業務用の番号を一本化することで、受信側としても「何の用事の電話なのか」をある程度特定できます。

また、私用でも使うスマホ・携帯電話番号を公開してしまうと、営業電話や迷惑電話などによって業務やプライベートにも支障をきたす恐れがあるため、やはり固定電話を開設することがおすすめです。

登記の際に必要

固定電話番号の開設は、起業して法人登記を行う際にも役立ってくれます。基本的に、法人登記は固定電話番号の開設を義務付けているわけではありません。しかし実際に起業して登記の手続きを進めていくとわかるように、一度登録した電話番号の変更には時間がかかってしまいます。

そのため、携帯電話のように電話番号の変更が起こりやすい番号を登録してしまうと、変更のたびに登記情報の変更も強いられることになります。

また、法人登記そのものには不要でも、銀行ローンの手続きや法人口座の開設には、固定電話番号が必要になります。

起業・登記に合わせてこれらの手続きを考えている場合、固定電話番号を開設した方が安心です。

お客様からの連絡、予約等

個人(プライベート)のスマホや携帯電話で仕事をしていると、お客様からの連絡があった際や、予約の電話へスムーズに対応できない事も多々あります。

例えばレストランで電話予約を受け付けている場合、固定電話なら従業員が自由に電話に出て、すぐに予約の手続きを行うことができます。

一方、スマホや携帯電話の場合、電話予約は電話の所有者である個人しか対応できず、業務に支障をきたすことも。複数人で一つの店舗を管理する場合は、やはり固定電話の方が電話の機能を効率よく活用できるのです。

050のIP電話番号より市外局番の方が信頼性が高い

最近では「050」から始まるIP固定電話番号も、コストパフォーマンスに優れていることから導入している企業は多いものです。

利用料が安価で、大規模な工事が要らないということから人気のIP固定電話番号ですが、相応のデメリットも存在します。

例えば、IP電話番号への信頼性の問題です。「安い」「工事不要」という特徴は、迷惑電話や営業活動を行う上でも使いやすいものです。

そのため、会社や消費者へかかってくる電話は050から始まる番号が多く、営業の電話である場合が多いです。

このことから、IP電話番号=営業の電話という印象を持っている人も多く、050の電話番号は悪いイメージを持たれています。

一方、通常の市外局番から始まる固定電話番号は、自治体なども採用している標準的な電話番号です。

スタンダードな番号を有している企業ということで、経済力があり、信頼できる通信環境を備えているという印象を抱いてもらえるでしょう。

NTTの固定電話番号が最短当日スピード取得!

固定電話番号の取得は、安定性と信頼性に優れる分、取得には日数が必要になるというイメージが付きまといます。

NTTの電話回線導入工事は予約制で、簡単かつスピーディに導入したい場合は安心して任せられる窓口に依頼するのがおすすめです。

当社はNTTサービス月間導入3,000件以上の実績を持ち、必要に応じて速やかな電話回線、およびインターネット回線導入をサポートしています。

NTTの電話番号は最短当日取得、回線の開通も最短約2週間〜導入ができるので、電話番号の取得を検討の方は以下からお問合せください。

固定電話番号を取得する4つの方法

続いて、固定電話番号を取得する方法について、詳しくご紹介します。一般的に、固定電話番号の取得には4つの方法が存在し、目的やニーズに合わせて選ぶことができます。

方法

特徴

NTT加入電話

停電時にも利用できるが、導入費用が高額。

IP電話

比較的リーズナブルに利用できる。050などの番号を取得可能。

IP電話アプリ

電話回線を引かずとも利用できる。

月額利用料も安価なので、個人事業主向け。

光IP電話

光回線を利用しているので、通話音質が高く、通話料金は抑えめ。03のような固定電話番号を取得できるので法人の利用にも適している。

NTT加入電話

光IP電話の普及前は固定電話番号の取得でポピュラーなのは、NTTのアナログ回線を利用した加入電話でした。現在では固定電話の取得は光回線を利用したひかり電話へ移行しています。

停電時も利用できる点と通話品質も安定しているというメリットがありますが、導入費用が高額になる点がデメリットとして挙げられます。固定電話の加入権の取得には3万9,600円(税込)が発生し、回線を引くためには工事費で大体1万5,000円程度の料金が生じます。

電話通信の重要性が高く、優先して接続したい事情がない限りは、他の選択肢を検討することをおすすめします。

IP電話

二つ目の方法が、IP電話です。IP電話は2002年より開始したサービスで、050から始まる固定電話番号を、NTT加入電話に比べて遥かに安価で導入可能です。

初期費用は数千円、月額利用料金も1,000円程度と、非常にリーズナブルに利用することができるのが特徴です。

また、番号の取得自体にお金がかからないので、気軽に導入できるサービスであることは間違いありません。ただし企業の代表電話番号や店舗用の番号として取得するには信頼性の部分で市外局番の電話番号には劣る懸念があります。

IP電話アプリ

IP電話は、スマホアプリを使って取得することも可能です。アプリを使用すれば、アカウントを登録するだけでスマホから050といった固定電話番号を取得できるので、無料で固定電話環境を実現できます。

通常のIP電話同様、固定電話番号の取得に費用はかからず無料ですし、利用料金も1分10円~と月額料金は安い傾向にあります。

IP電話アプリは、電話回線を引かずとも利用できるのも強みです。例えば携帯電話をプライベートと業務用の両方で使いたい場合、IP電話番号を取得すれば1台で併用できます。

スマートフォンを会社用の電話として利用したいけどプライベートの電話番号を一般公開したくない、固定電話は特定の顧客にのみ公開したいなどの場合に向いています。

固定電話を設置するまでもない・個人で利用するから無料の電話番号でいいという方は、IP電話アプリのサービスを利用するのがおすすめです。

光IP電話

光回線の普及に伴い、新たに登場したIP電話が、光IP電話です。これまでのIP電話は、ADSL回線を活用した電話環境となっていました。

ご存じの通り、ADSL回線はインターネットの普及に伴い広く利用された回線です。しかし光回線が登場した現在では、その回線品質と価格の高さから徐々にシェアを失っており、光回線の利用が一般的になっています。

光IP電話はそんな光回線の活用に特化したIP電話の一種です。NTTひかり電話の大きな特徴としては、従来の加入電話と比較して通話料金が安く抑えられる点にあります。ひかり電話であれば距離に関係なく通話料は全国一律で3分間8.8円(税込)で利用することができます。

一方、従来の加入電話は市街や県外など通話の距離が遠くなるほど通話料は高い設定となっています。同等の電話サービスを利用するのであれば、電話の使用頻度が高い法人ほど通話料金は大幅に下がります。IP電話アプリと比較してもひかり電話の通話料はお得です。また、従来のIP電話は050に固定されてきたものですが、光IP電話は市外局番の番号となりますので、050の番号で信頼性を損なってしまう事もないでしょう。

二つ目の特徴が、緊急機関への通話が通常の固定電話と同様に可能な点です。IP電話は110番通報などが出来ない仕様でしたが、光IP電話であればその点も安心です。セキュリティ対策の上でも、緊急通話の可否は安全性に大きな影響をもたらしてくれます。

そのため法人電話は市外局番を利用するのがおすすめです。法人用電話番号の作成はこちらの窓口なら待ち時間がなくスムーズに作成できるので、チェックしてみてください。

無料で電話番号を取得する方法

大手キャリアや格安simを使わずとも、電話番号を無料で取得できる方法が前項で紹介したIP通話アプリです。詳しく紹介していきます。

無料通話アプリをダウンロードし、インターネットを介して利用

スマホにアプリをダウンロードすることで、050などの電話番号を簡単に無料で取得できるのが無料通話アプリです。アプリをインストール後にアカウントを作成し、手持ちのスマホからインターネットを介して通話が可能です。

無料という点は非常に魅力的ですが、無料通話アプリにはメリット・デメリットがあることも知ったうえで検討しましょう。

無料通話アプリのメリット・デメリット

メリット

  • 手軽に番号を取得可能
  • コストの削減
  • 無料で電話番号を持つことができる
  •  

    デメリット

  • 通信状態に左右される
  • SMSが使えない
  •  

    まず、メリットとしてコスト面が挙げられます。アプリ同士の通話が無料だったり、そもそもインストール自体が無料のサービスが多いです。そのため、通話料金や手軽に電話番号を取得できるといった点がメリットと言えます。

    一方、デメリットもあります。無料通話アプリの利用には、インターネット接続が必要です。通信環境が不安定な場所では、通話が途切れる可能性があります。また、SMS(ショートメッセージサービス)を利用できないため、SMS認証を行うことができません。

    無料通話アプリを利用する際は、自身のニーズや環境に合わせて適切なアプリを選ぶことが大切です。

    格安simを複数購入し、スマホで新しい電話番号を取得

    完全無料とまではいきませんが、「SMS認証もできる電話番号だけがほしい」という方には基本料無料でスタートできる格安simもあります。それはauオンライン限定プラン「povo2.0」です。使いたいサービスをトッピングしていく形式なので、何も使わなければ0円という月も(180日間以上有料トッピングの購入等がない場合は、契約解除となる場合もあります)。

    無料通話アプリと異なり通話料金はかかりますが、「個人で受電するだけ」「080や070といった番号がほしい」「SMS認証を使いたい」「1円でも安くしたい」という方は、スマホと格安simを使って電話番号を取得できる方法もあるので検討してみてください。

    電話番号アプリを選ぶ際のポイント

    無料で利用できる通話アプリにはさまざまなサービスがありますが、どれを選べばいいのか迷う方もいるかもしれません。そこで、本ブロックでは無料で使える電話番号アプリを選ぶ際のポイントを解説します。

    LINEやSkypeのように利用者が多いアプリを選択する

    無料で通話できるアプリといえば、LINEやSkypeなどをイメージする方もいるかと思います。これらのサービスは無料IP電話と呼ばれ、電話番号がない代わりにアプリ同士の通話が無料というメリットがあります。しかし、固定電話や080などといった番号に発信することはできません。

    一方で、050の電話番号が取得できるIP電話アプリを活用すれば、アプリを利用して固定電話にも発信することが可能です(アプリによって通話料金が異なります)。

    050の電話番号が使えるアプリもLINEやSkypeと同様にアプリ同士の通話は無料となるサービスも多いので、無料通話の機会を増やすためにもできるだけ利用者が多いアプリをダウンロードすることをおすすめします。

    簡単で使いやすく、通話品質が高いものをチョイス

    実際に使ってみなければ、自分に合っているサービスなのか分かりません。そのため、一度ダウンロードして利用して操作性や通話音質に問題がないのか確かめてみるのも一つの手段です。

    LINEのように基本的にアプリ同士で通話することは無料でできるので、気になる無料通話アプリがあれば積極的にダウンロードしてみることをおすすめします。

    無料で電話番号を取得できるアプリ3選

    ここでは050の番号が無料で取得できるアプリを3つ紹介します。アプリを利用して無料で電話番号を取得したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

    SMSは利用できないが、スマホから電話番号を取得できるサービス

    前項で電話番号アプリを選ぶ際のポイントとして「利用者が多いサービスを選びましょう」とお伝えしました。そこで、利用者している人が多いと言われている無料通話アプリを以下に並べましたのでチェックしてみてください。

    サービス名 特徴
    My 050

    固定電話への通話料金が安い。3分8.64円(税込)。
    ※ただし2022年9月1日からは番号取得時に設定費用がかかる。

    SMARTalk(スマートーク)

    クリアな音声で通話する事が可能。
    一律8.8円/30秒(税込)で通話ができるのが特徴。

    Ozzio 050 Home(オッツィオ 050 ホーム)

    大手家電量販店であるピーシーデポが提供しているサービス。利用の際には店頭での会員登録をする必要がある。

    ※2023年7月時点での情報です。

    こちら記事で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

    無料で固定電話番号を取得することは可能?

    では無料アプリをダウンロードし、03や06のような市外局番を使った固定電話番号を無料で取得できる方法があるのでしょうか?

    携帯から市外局番を無料で取得することは難しい

    03や06のような市外局番の固定電話番号を携帯電話やスマホから完全無料で取得することはできません。スマホから03の番号を取得できる方法としては、Webサービスを活用することで費用が安く抑えられます。アプリを利用して通話をするので、WiFiのようなインターネット回線が必要になります。

    個人で起業する場合、安く電話番号が取得できるのでおすすめ

    インターネットを使ってアプリで固定電話番号を取得するのは、個人事業主や起業したばかりの人にとってはおすすめです。その理由は費用が安く済むからです。

    ただし、無料通話アプリのようにインターネット回線を利用するので、ネット回線に不安があったり、個人ではなく会社として固定電話を購入して電話番号を取得したいという方は、NTTへの番号の申し込みをおすすめします。

    フリーダイヤルを取得したい場合は?

    電話番号取得のもう一つの選択肢として、フリーダイヤルの取得が挙げられます。フリーダイヤルは業務用の電話回線として、多くの企業で採用されており、市外局番と同様に信頼性もある番号です。

    フリーダイヤルの取得にあたっては、NTTコミュニケーションズのサービスを利用する事で可能です。通話料の負担もなく、全国一律で電話をかけることができるため、コストパフォーマンスにも優れます。

    注意点として、フリーダイヤルの取得の前にはあらかじめ、固定電話番号を獲得しておかなければならないことが挙げられます。

    フリーダイヤルの利用は固定電話+フリーダイヤルとなるため、固定電話との併用が前提です。そのため、利用料金は固定電話料金に加算される形で発生します。

    固定電話で電話番号だけ欲しい場合でも、NTTへ申し込みを依頼する必要があります。以下のページから固定電話取得に向けた案内を読み、手続きを進めましょう。

    NTTに直接申し込むのと代理店に依頼する違いは?

    NTTへの番号の申し込みを行う場合、方法としては二つあります。一つはNTTへの直接申し込み、もう一つが代理店へ申し込み手続きを依頼する方法です。

    番号取得において大きな違いは発生しない

    結論から言うと、これら二つにおいて大きな相違点はありません。どちらの申し込み方法を用いても、結果的には同じサービスを問題なく受けられます。

    利用料金についても、直接申し込みの場合と代理店経由の申し込みの場合では、変わらないのは覚えておきましょう。

    それではこの二つにどのような違いがあるのかというと、それは手続き方法やプロセスに違いがあります。

    手続きに不安や面倒を覚える場合は代理店に依頼するのが楽

    NTTへ直接申し込みを依頼する場合、多くの手続きが発生します。番号取得や回線の開通にあたり、工事の日程調整や申し込み情報の記入などを、自分でこなさなければなりません。

    以前にも固定電話の申し込みを経験している場合には、一度やっているから問題ないと考える人もいます。しかし、仕事の時間の合間を縫って、わざわざ申し込み手続きを行うのは骨が折れるものです。

    そこで、代理店事業者の活用がおすすめです。代理店を通じて申し込みを行う場合、直接申し込みに比べて手続き方法やプロセスは大きく簡略化されます。

    入力ミスによる修正や工事の手配の手間もかからないため、便利なサービスとなっています。代理店のサポートを積極的に活用すると良いでしょう。

    固定電話番号が使えるようになるまでの流れ

    次は、実際に固定電話番号が使えるようになるまでのフローや申し込み方法について、あらかじめ確認しておきましょう。

    フォームから申し込み

    固定電話を使用するにあたって、まず必要なのが申し込みです。下記から申込み専用ページにアクセスする事で、フォームから申し込み手続きを開始できます。

    フォーム入力にあたって、特に準備が必要なことはないため、気軽に申請を始めることが可能です。

    また、電話番号の取得は最短で申し込みの当日に行う事もできます。番号だけ欲しい、登記申請など急ぎの用事がある場合には、複数の候補から番号を取得してしまいましょう。

    スタッフから連絡:料金プランの説明、電話回線工事についての説明

    申し込み手続きを進めると、担当者から連絡が送られてきます。料金プランや回線工事についての説明を受けるので、あらかじめ必要なプランや工事を確認しておきましょう。

    わからないことはスタッフに確認し、回線工事までに疑問点を解消しておくことが大切です。

    回線工事日程の決定・工事

    申し込みを完了した後は、回線工事に伴う立ち合いが発生します。工事の際には現場に居合わせる必要があるため、スケジュールには余裕を持たせておきましょう。

    工事そのものは1時間程度で完了するため、業務の支障になることはありません。日程についても柔軟に選ぶことができますが、タイミングによって申し込みから2週間〜1ヶ月程度待つことになる場合もあります。

    急ぎの場合、早めにスケジュールを確認しておくことをおすすめします。

    固定電話番号の利用開始

    工事が完了すれば、後は固定電話の利用をスタートするだけです。あらかじめ取得しておいた電話番号を使い、電話予約や営業の電話へ活用しましょう。

    チラシやホームページに電話番号を掲載し、さらに営業のチャンスを増やしていく事も可能です。

    家庭用電話機とビジネスフォンの違いは?安いのは?

    固定電話番号の取得に伴い、よく疑問点として質問されるのが、家庭用電話機とビジネスフォンの違いです。

    簡潔に説明すると、ビジネスフォンは家庭用電話機に比べ、機能性に優れているのが特徴です。

    家庭用電話機は、いわゆる個人宅で利用するような通常の固定電話です。ファックスの利用や子機を使った使用で、ある程度汎用性の高い使い方を実現できます。

    家庭用電話機とビジネスフォンの中間にあたるのがホームテレホン。種類はそこまで多くないですが、店舗併用型住宅や小規模オフィスに適しており、ビジネスフォンより安いです。

    スモールビジネスで電話対応業務も少ない場合は、家庭用電話機の利用で十分に役割を果たす事ができるでしょう。

    一方、ビジネスフォンではそれらを上回る機能性を確保できます。家庭用電話では一回の通話で一人しか利用することはできませんが、ビジネスフォンは同時に複数人が電話をかける事ができます。

    また、通話の録音や転送など、ビジネスに必要な様々な機能を使用できるのも、ビジネスフォンの特徴です。

    コールセンターの設置や、営業の電話が多く発生する業務を抱えている会社では、ビジネスフォンの設置が必要になるでしょう。

    従業員の多い店舗や、複数拠点を有する企業において、ビジネスフォンは不可欠な存在となります。

    当社では、そんなビジネスフォンの導入を固定電話番号の取得に合わせて行うサポートサービスも展開しています。

    今は家庭用の電話機で問題ないが、今後ビジネスフォンの導入を検討している場合、必要に応じて案内や申し込みを受ける事もできます。

    まとめ:法人向け電話番号の取得は固定電話がおすすめ

    固定電話番号の取得は、起業して法人登記や本格的な営業活動を進めていく上で、多くのメリットを有しています。

    携帯電話に比べて電話番号の信頼性も高く、公私の混同を避ける上で役立ってくれるため、スムーズな業務の遂行を促してくれます。

    固定電話番号の取得は、申し込みを完了すれば最短当日に行えるだけでなく、代理店を利用すれば手続き方法に悩む必要もありません。簡単に申し込みできる方法として、ぜひ代理店を活用してみてください。

    将来業務の規模を拡大している場合には、ビジネスフォン導入の必要性が出てくる事もあるでしょう。そんな時にも固定電話番号の取得は役に立つため、早めに取得しておいて損はない施策といえるでしょう。

    この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

    \ SNSでシェア /