屋外用の監視カメラもNTTにお任せあれ クラウドに保存されて安心

毎年空き巣やいたずらなどのトラブルが後を絶たないため、店舗や個人宅などの屋外に監視カメラを設置する方が増えてきました。

実際、最近の防犯カメラには、「wifiを活用してスマホで遠隔視聴ができるカメラ」や「電源不要の電池(バッテリーやソーラー)が搭載されたカメラ」などの多種多様な機能が搭載されているため、屋外の防犯に最適です。機能性に優れた監視カメラを設置することで、屋外(設置場所)の防犯性を高めることができます。

しかし、監視カメラの需要が高まっていることで、パナソニックやマスプロをはじめ、様々なメーカーが監視カメラを発売していることもあり、「どの監視カメラを屋外に設置すれば良いのか分からない」と悩む方も少なくありません。メーカーが違うだけならまだしも、監視カメラに搭載されている機能が全く異なるためです。

適当に防犯カメラを選んでしまうと、設置場所に適しておらず、設置場所の防犯性を期待ほど高められなくなってしまう危険性があります。最悪の場合、途中で録画ができなくなってしまう質の悪いカメラを導入してしまい、全く監視カメラとしての機能を果たさないといった事態に陥りかねません。

このため、屋外の防犯性を高めたいのであれば、しっかりと機能性に注視して監視カメラを選ぶことが重要です。

したがって、今回は「屋外に防犯・監視カメラを設置した方が良い理由」や「屋外の安全や防犯性を高められるおすすめの監視カメラ」について、詳しく解説していきます。屋外に設置する監視カメラを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

屋外に監視/防犯カメラがあったほうがいいのはなぜ?

アパート、マンションだけでなく個人宅の屋外にも、監視カメラを設置することをおすすめします。監視カメラには、犯罪やいたずら行為を行おうとする者を牽制する効果があり、「設置場所の安全性を高めることができ、安心して生活を送れる環境を作ることができる」ためです。

例えば、アパートなどの屋外に監視カメラを設置した場合、空き巣などの犯罪行為を犯そうとする方を牽制することができ、犯罪に巻き込まれるリスクが大幅に減少するため、入居者が安心して生活を送れる環境を作ることが出来ます。

ただし、屋外に監視カメラを設置したからといって、100%犯罪に巻き込まれない環境を作り出せる訳ではありません。犯罪者の中には、監視カメラが設置してあることを把握していても、犯行に及ぶ者がいるためです。

このため、屋外に監視・防犯カメラを設置する場合は、犯罪に巻き込まれるリスクを軽減できる形状をしたカメラに加えて、万が一トラブルに巻き込まれても早期解決に繋げられるように「常時録画できる監視カメラ」を設置する必要があります。こういった監視カメラを屋外に設置することで、仮に空き巣などの被害に遭った際に、すぐに犯人を特定することができ、入居者に安全な環境を提供することが可能です。

犯罪やトラブルの抑制につながる

前述したように、監視カメラには、犯罪などの行為を犯そうとする人の心理を抑制する効果を保有しているため、屋外でトラブルが発生するリスクを大幅に減少することが出来ます。監視カメラは、犯罪行為を犯そうと考える者にとって、自身が犯人であることを証明する危険な存在であり、犯行の一部始終を記録されてしまうと逮捕される危険性が高まるためです。

実際に、福岡県警が公表している調査結果の中にも、繁華街(屋外)に監視カメラを設置したことによって、犯罪率が大幅に減少したというデータがあります。このように、監視カメラには犯罪行為を犯そうとする者の心理を抑制する効果があることは間違いありません。このため、屋外に一目で監視カメラだと分かるカメラを設置しておくことで、犯罪行為などのトラブルに巻き込まれるリスクを減らすことが期待出来ます。

ただし、ただ闇雲に一目で監視カメラだと分かる端末を屋外に設置すれば良いという訳ではありません。例えば、録画機能が搭載されていないダミーのカメラを設置する場合は、注意が必要です。最近のダミーカメラは、一見本物の監視カメラと変わらない構造をしていますが、電源や赤外線のランプが点滅しているなど本物とは違う作りになっているカメラが存在するため、プロの犯罪者が見れば簡単に偽物だとバレてしまう危険性があります。仮に、偽物の監視カメラだとバレてしまった場合、設置場所のセキュリティーが軟弱だと判断されてしまい、逆に狙われてしまいかねません。

したがって、犯罪やいたずら行為を行おうとする者の心理を抑制することを目的に屋外に監視カメラを設置したいのであれば、「常時録画可能な本物の監視カメラ」を設置した方が安全だと言えます。

犯罪やトラブルが発生した場合の証拠になる

屋外に監視カメラを設置した場合、犯罪やいたずらなどのトラブルが発生した際の証拠として、活用することが出来ます。例えば、アパートやマンションなどの屋外駐車場で車上荒らしが発生した場合、監視カメラが記録した録画データを確認すれば、すぐに車を荒らした犯人を特定することが可能です。

実際に、警視庁が公表したデータによると、2019年に逮捕した約19万2,000件(刑法犯)のうち、10.2%が監視カメラの録画映像が犯人の特定に繋がっています。このことから、監視カメラの録画映像は、犯人を特定し事件の早期解決に繋げるための欠かせない存在になっていることが明白です。

とはいえ、監視カメラの録画映像が証拠として活用できることは、多くの方が知る周知の事実であるため、犯罪者の中にはカメラ自体を破壊し、映像を確認できないようにしようと考える者も少なくありません。仮に、専用の録画機器を必要とする監視カメラを屋外に設置していた際にカメラを破壊されてしまった場合、証拠として活用できなくなってしまう危険性があります。

このため、有事の際の証拠として監視カメラを活用したいと考えている方は、「クラウドシステムに録画映像を保存できる監視カメラ」の設置するようにしてください。こういった監視カメラは、クラウド上に記録した録画映像を保存される仕様になっているため、万が一カメラ自体を壊されてしまっても録画データを守ることが出来ます。

マンション、アパート用のおすすめの防犯/監視カメラはコチラ!!

マンションやアパートなどの屋外に有事の際の証拠や犯罪者の心理を抑制できる防犯・監視カメラを設置したいと考えているのであれば、NTTが提供している「ギガらくカメラ」を設置するのがおすすめです。「ギガらくカメラ」で用意している監視カメラは、屋外の防犯性を高められる機能が豊富に搭載されているため、設置場所の安全性を高めることが出来ます。

なお、ギガらくカメラが用意している「屋外の防犯性を高められる監視カメラ」に搭載されている機能は、以下の通りです。

・電源や電池不要の「バッテリー内蔵」
・夜間でも鮮明に状況を確認できる「赤外線照明」
・無線で接続できる「WiFi対応」
・防水対応の「屋外対応」
・有線で電源を確保できる「PoE給電」
・スマホなどを活用して遠隔で視聴できる「マルチメディア対応」

上記のように、ギガらくカメラが用意している監視カメラには、屋外の安全性を高められる機能が豊富に搭載されているため、屋外で犯罪やいたずらなどのトラブルの発生件数を大幅に減らすことが可能です。

ただし、上記で記述した機能が、すべての監視カメラに搭載されている訳ではありません。ギガらくカメラが用意している監視カメラの中には、屋外に対応していないカメラも存在するため、事前にそれぞれの機能や特徴を把握したうえで設置する端末を選ぶようにしてください。

屋外の監視カメラの設置費用はどれくらいかかるの?

屋外に監視カメラを設置する場合、選んだカメラや設置方法によって、かかる設置費用が異なります。選んだカメラによっては安く導入できるものもありますが、監視カメラを購入して屋外に設置する際は、大体20〜50万円程度が相場です。

ただし、あくまでもこれも目安です。選んだ監視カメラによっては、さらに高額になるケースもあります。例えば、モニターや専用の録画機器が必要な監視カメラの場合は、それぞれの周辺機器などを購入したり、電源を確保するなどの大掛かりな工事が必要になる場合があるため、目安よりも高額な費用が必要になるケースが多いです。

その点、ギガらくカメラが用意している監視カメラは、利用者の負担を軽減できる低価格な料金設定がなされているため、設置費用にかかる負担を気にせずに、複数台のカメラを運用し続けることが出来ます。しかも、ギガらくカメラが用意している監視カメラは、ネットワークを活用して録画映像を保存できるうえに、スマホなどで遠隔視聴できるカメラになっているため、電源を確保する工事を行ったり、モニターや専用録画機器を用意する必要がありません。そのため、監視カメラの設置時に発生する初期費用をかけずに、機能性の高い監視カメラを設置することが出来ます。

初期費用0円 月額1,870円から屋外に監視カメラを設置できる!

上記でギガらくカメラが用意している監視カメラは低価格で利用できると解説しましたが、具体的にはどの程度の費用が必要なのでしょうか?

それは、カメラ1台につき月額1,870円(税込)から、小型の形状した監視カメラやバッテリーが内蔵されている監視カメラなどを、屋外に設置することが可能です。ギガらくカメラには、屋外や屋内に対応した豊富な監視カメラがセットになっている「端末セットプラン」という料金プランが用意されており、保存する録画データ毎に設定された料金の中から好きなプランを選んで運用することが出来ます。

なお、屋外に設置できる監視カメラなどがセットになった「端末セットプラン」の月額利用価格は、下記の表をご確認ください。

こちらは、すべて税込価格になります。

録画映像の保存期間 クラウドプラン
月額価格
端末セットプラン
月額価格
7日間 1,870円 3,300円
14日間 2,420円 3,850円
30日間 2,750円 4,180円
60日間 3,740円 5,170円
90日間 4,730円 6,160円
180日間 7,040円 8,470円

※上記の金額は、2022年1月12日時点の価格になります。
※端末セットプランはカメラレンタル料込みの価格です。
※端末セットプランは最低利用期間24ヶ月、途中解約金5,500円。

ギガらくカメラが用意している監視カメラは、初期費用0円になっているため、設置時にかかる費用を負担せずに、機能性の高い小型やバレット型のカメラを導入することが出来ます。しかも、ギガらくカメラでは、初期費用無料に加えて初月の利用料も無料にしているため、最初の1ヶ月間の月額利用価格を、全く負担せずに運用を開始することが可能です。

監視カメラのレンタルサービスなどを行なっている業者の中には、高額な初期費用を請求している会社もあるため、このように利用開始時にかかる負担を無くせるのは大きなメリットだと言えます。

安心・安全な防犯/監視カメラのおすすめはコレ!!

ここまで解説した「ギガらくカメラ」は、安心・安全に運用し続けていけるおすすめの監視カメラになっています。その理由は、以下の通りです。

・NTTが提供する高度なセキュリティー下で録画映像を管理できる
・監視カメラが壊れてもすぐに修理してくれる「訪問修理オプション」有
・ネットワークを活用して利用できるため、配線が断線して利用できないなどのリスクがない
・録画映像などのデータは、すべて複雑な暗号化されているため、個人情報や機密情報が漏洩する心配がない
・WiFiを活用するため、電源を確保するなどの大掛かりな工事不要
・低価格な月額金額が設定されている

このように、ギガらくカメラには、安全に運用できる機能やサポートが豊富に用意されているため、マンションやアパートなどの屋外に設置しても安心して運用し続けることが出来ます。

ギガらくカメラはきれいな映像で屋外の状況を確認できる

ギガらくカメラが用意している監視カメラは、高画質で画質が綺麗だと定評のある「ハイビジョン(HD)画質」を採用しているため、屋外の状況を詳細に確認することが出来ます。具体的には、「1280×780画素」の画質を採用しており、テレビで視聴する際の映像と同じように、なめらかな画質で屋外の状況をチェックすることが可能です。

屋外に監視カメラを設置したからといっても、必ずしも犯罪行為が発生しないとは限りません。したがって、このように高画質映像で状況を記録・録画されていると、証拠として役立たせることができるため安心です。

クラウド保存って何?

クラウド保存とは、「ネットワーク(WiFi)を活用して、クラウドシステムに録画映像を保存できる機能」のことです。例えば、ギガらくカメラが用意している監視カメラは、大手通信会社のNTTが管理しているクラウドシステムに録画データが転送される仕組みになっており、そのシステム環境下で記録した映像の管理を行うことが出来ます。

また、「クラウド保存ができる監視カメラ」は、ネットワーク(WiFi)を活用して記録した録画データを保存する仕組みになっているため、専用の録画機器やモニターなどの周辺機器を用意する必要もありません。クラウド上に保存されている映像は、WiFiを活用して手持ちのスマホやパソコンなどの通信機器で視聴することができるためです。

モニターなどの機器が必要な監視カメラを設置した場合、初期費用や工事費用が高額になるケースがあるため、このように無駄なお金をかけずに導入できるのは非常に嬉しいメリットと言えます。

スマホに通知が来る動体検知機能がついている!

ギガらくカメラが用意している屋外に設置可能な監視カメラはすべて、人や物などの動きを検知してくれる「動体検知機能」が搭載されています。しかも、ギガらくカメラは「動体検知機能」が搭載されているだけではありません。

監視カメラを設置した屋外に不審者が侵入したなどの何らかの動きを検知した際に、事前にあなたが登録した「メールアドレス」やインストールした専用のアプリに「プッシュ通知」で知らせてくれるため、すぐに犯行に気づき警備会社や警察に通報するなどの対策を講じることが可能です。

動体検知機能を搭載していると謳っている監視カメラの中には、動きを検知した際に録画を行うことしかできないカメラもあるため、このことはギガらくカメラを利用する大きなメリットと言えます。

スピーカーやマイクも搭載されてるので、音声を確認し会話することができる!

ギガらくカメラが用意している監視カメラの中には、カメラ周辺の音や声などを確認できる「スピーカーやマイク」の機能も搭載されています。このため、屋外の状況をより詳しく知ることが出来ます。

例えば、屋外で不審な音がした場合、監視カメラから外の状況を確認することができるため、不審な人物が侵入したのかなどを、明確に把握することが可能です。

屋外で起こり得るトラブルの中には、監視カメラの映像だけでは状況を正確に把握できないケースは少なくありません。したがって、このように声や音も拾える機能が搭載されていることは、状況を詳細に把握し適切な対処を講じるために非常に重要な要素です。

まとめ:屋外に機能性の優れた防犯/監視カメラを設置するならNTT東日本が提供するカメラがおすすめ!

屋外に監視カメラを設置する際は、「設置場所の状況を正確に確認でき、高画質映像で記録に残せる監視カメラ」を選ぶことが重要になります。こういった監視カメラを屋外に設置することで、犯罪などを犯そうとする方を牽制することができるうえに、万が一有事が発生した際の証拠としても、大いに役立たせることができるためです。

そのため、今回は高画質映像で録画でき、設置場所の防犯性を高めることのできる「ギガらくカメラ」を屋外に設置することをおすすめしました。ギガらくカメラが用意している監視カメラは、夜間などの録画環境が悪い状況でも綺麗な映像を記録することができるうえに、監視に役立つ機能が豊富に搭載されているため、屋外の安全性を高めることが出来ます。

また、ギガらくカメラには、低価格な利用料金が設定されているのも魅力的な点です。初期費用や初月の月額料金の負担がないうえに、月々1,870円から利用することができるため、設置費用を気にせずに気軽に運用を開始することが出来ます。

低価格で屋外の安全性を高められる監視カメラを設置したいと考えている方は、ぜひギガらくカメラの利用を検討してみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /

\ みんなに知らせる! /