店舗に導入する防犯カメラの設置場所はどこにすればいいの?

最終更新日:

店舗に防犯カメラの設置を決めた時、まずどこに設置すれば期待する効果が得られるのか考えてしまいますよね

この記事では、防犯カメラの設置箇所とその効果についてまとめました。これから防犯カメラを設置するのであれば、ぜひ参考にしてくださいね。


  • LINEで送る

防犯カメラの設置箇所別に期待できる効果

防犯カメラは設置する場所によって得られる効果が変わります。一般的な設置箇所と、設置箇所による効果について見ていきましょう。

店舗の出入り口

まず防犯カメラの設置箇所として欠かせない場所が店舗の出入り口ですね
防犯上の役割を果たし、犯罪を抑止する効果も期待できます。

店舗の中から外を撮影する方法と、店舗の外から店舗出入口を撮影する方法がありますので、自店の形状に最適な撮影方法を選びましょう

駐車場や駐輪場

駐車場を撮影しておけば車上荒らしの被害を防止できます時間帯によっては人気がなくなってしまう場所なので、監視しておく意味がありますね。

その他にもストーカーなど犯罪対策や証拠撮りにも有効です。

店舗の外周

店舗が閉じている時間の不法侵入に効果的なのが、店舗外周の撮影です
死角のないように防犯カメラの配置を工夫し、防水性能と夜間監視が可能なものを選びましょう。

店舗のレジの周り

従業員による不正行為を防ぐだけでなく、レジで発生する金銭トラブルである顧客とのお釣りの渡し漏れ・クレジットカードの返却漏れなどにも有効です

レジ周りについてはトラブル発生時に従業員と顧客の手元など細かな部分まで確認する必要がありますので、他の防犯カメラよりも画質が高く、可能であれば音声も残せるものが良いでしょう。

また、明らかに防犯カメラの形状をしている顧客に威圧感を与えてしまいますし、店舗のインテリアの邪魔になりますドーム状のものなどを選ぶのがお勧めです。

店舗の内部

防犯上の効果も期待できますが、従業員のオペレーションを確認して人員配置の見直しをするなど店舗運営の改善にも役立ちます。

また、顧客の様子も参考にできるので、マーケティングのデータとしても利用可能です。
レジ周りと同様に、デザインの良いタイプの防犯カメラを選ぶようにしましょう。

バックヤードやキッチン

従業員のみが使用するスペースは基本的に一目につきにくく、残念ながら不正が発生しやすい場所です
防犯カメラを設置するだけで、多くの不正を予防する効果が期待できます。

防犯カメラの設置位置を決める時の注意点

防犯カメラの設置箇所が決まっても、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。事前に把握しておきましょう。

防犯カメラが撮影できる範囲

防犯カメラの種類によって撮影できる範囲が大きく変わります
その範囲を理解せずにカメラを設置してしまうと、いざという時に必要なものが撮影できていないトラブルが発生してしまうのです。

一般的に店内には近距離用または店舗全体が撮影できるような広角レンズ、店舗周りなどの屋外には長距離用のカメラを設置することが多いです。

防犯カメラの性能

設置する箇所によって防水性・防塵性・明かりのない暗闇でも撮影ができるかなど、求められる性能が違います。

画質も自由に選べますので、適材適所でカメラ選びをする必要があるでしょう。

まとめ:店舗に導入する防犯カメラの設置場所はどこにすればいいの?

店舗に防犯カメラを設置するにあたり、設置すべき箇所やその効果をまとめました。
より多くの箇所に防犯カメラを設置できるのが最適な選択ですが、予算や管理方法を考えると難しい場合もあるでしょう

まず絶対必要とされる箇所から取り入れ、将来的に拡張が容易なものを選ぶと良いですね

\ SNSでシェア /


  • LINEで送る