引越し時に活用できる電気・ガス・水道チェックリストを公開!

電気・ガス・水道などのライフラインは、生活に欠かすことのできないものです。

引越し時はこれらライフラインの引越し手続きも必要になりますが、いざ始めようとすると「どうしたらいいのか分からない…」とつまずく方も多いと思います。

ライフラインは引越し前と引越し後、それぞれに手続きが必要となります。

引越し前の手続きに気が行きがちですが、引越し後の手続きも忘れずに行いましょう。

このページでは、「引越し時に活用できる電気・ガス・水道チェックリスト」を公開します。

スムーズな引越し手続きのために参考にしてください。

引越し時の電気手続きチェックリスト

冒頭でも触れたように手続きは引越し前と引越し後に分けられるため、チェックリストもそれぞれ分けてご紹介します。

電気の使用停止手続き【引越し前】

手続き先 現在利用している電力会社
手続きの方法 電話orインターネット
申し込みの時期  引っ越しの1~2週間前
立ち会い 基本的に必要。立ち会えない場合は請求書や口座振替で後日精算してもらうこともできる
必要な情報

・お客様番号
・現住所
・契約者氏名
・引っ越し予定日(電気停止予定日)
・契約種別

あると便利な情報

・新居の住所
・新居での電気利用開始予定日
・新居での支払い方法

必要な情報は検針票や領収書に記載されているので、事前に用意しておきましょう。

あると便利な情報は手続きに必須ではありませんが、用意した方がスムーズに手続きが進みます。

引越し前に電気の使用停止手続きを行わないと、自分が引っ越した後の電気料金も請求されてしまいますので、忘れずに行っておきましょう。

電気の使用開始手続き【引越し後】

手続き先 引越し後に利用予定の電力会社
手続きの方法

・電話
・インターネット
・申込書を郵送or FAXで送る

申し込みの時期  新居に引越し後なるべく早く
立ち会い  基本的に不要

電気の使用開始手続きは、申し込んでいなくても引越し当日から電気が使えます。

ただし、電気が使えるからといって手続きを放置したままにすると、延滞金が発生したり急に電気を止められたりする可能性があります。

無用なトラブルを避けるためにも、できる限り早く手続きしておきましょう。

引越し時のガス手続きチェックリスト

電気の手続きの次は、ガスの引越し手続きを見ていきましょう。

ガスも電気と同じで、引越し前と引越し後それぞれに手続きがあります。

ガスの使用停止手続き【引越し前】

手続き先 現在利用しているガス会社
手続きの方法 電話orインターネット
申し込みの時期  引っ越しの1~2週間前
立ち会い

基本的に必要。電気と同様に、立ち会えない場合は請求書や口座振替で後日精算することもできる。
ただし、オートロック式マンションなど住民がいないと係員が敷地内に入れない物件は立ち会いが必須。

必要な情報 ・お客様番号
・現住所
・契約者氏名
・引っ越し予定日

ガスの使用開始手続き【引越し後】

手続き先 引っ越し後に利用予定のガス会社
手続きの方法 電話orインターネット
申し込みの時期  引っ越しの1~2週間前
立ち会い 必須。ガスの場合、立ち会いなしに開栓することはできない
必要な情報 ・新居の住所
・契約者氏名
・引っ越し予定日
・現在使用しているガスの種類

電気とは違い、ガスの使用開始(開栓)には必ず係員の立会いが必要となります。

自分で開栓することはできないので注意しましょう。

新居ですぐにガスを使うためにも、引越しの1週間前を目安にガス会社へ使用開始手続きを申し込んでおく必要があります。

特に3~4月の引越し繁忙期は、ガス会社の予約が埋まってしまうことがあるので、引越しの2週間~1ヵ月前くらいに連絡をしておくと安心です。

また、LPガス・都市ガスといったガスの種類によって使用できる器具が限られる点も注意が必要です。

ガスの種類が引越し前と引越し後で変わる場合は、同じガス器具が使用できない可能性があります。

気になる方は、ガスの使用開始手続きを申し込む際にガス会社に相談することをおすすめします。

引越し時の水道手続きチェックリスト

最後に、水道の引越し手続きをご紹介します。

水道の使用停止手続き【引越し前】

手続き先 現住所を管轄する市役所の水道課や水道局
手続きの方法 電話orインターネット
申し込みの時期 引越しの1~2週間前
立ち会い 基本的に必要。立ち会えない場合は請求書や口座振替で後日精算することもできる。物件によっては立ち会いが必須の場合もあり
必要な情報 ・お客様番号
・現住所
・契約者氏名
・新居の住所
・引っ越し予定日

水道の使用開始手続き【引越し後】

手続き先 新居の住所を管轄する市役所の水道課や水道局
手続きの方法

・電話
・インターネット
・申込書を郵送or FAXで送る

申し込みの時期 引越しの1~2週間前
立ち会い 基本的に不要
必要な情報 ・お客様番号
・現住所
・契約者氏名
・新居の住所
・引っ越した日

電気と同じで、水道も使用開始手続きをする前から利用が可能です。

メーターボックス内のバルブ(水栓)を開けると、水が出るようになります。

水が出ることを確認したら、電話やインターネット、新居のポストに入っている「水道使用開始申込書」のどれかを利用して手続きを進めてください。

スムーズに引越しする為にはどうすればいいの?

引越しでは様々な手続きを行う必要がありますが、1つ1つ申し込みや手続きをするのは大変です。

スムーズに引越しするためには、手続きをなるべくまとめて行うのが得策と言えます。

後ほど詳しくご紹介しますが、ライフライン系のサービスは自由化によって契約する会社を選べるようになりました。

これにより、ライフライン系の手続きを1つの窓口で一括手続きできるサービスが生まれました。

引越しはスムーズに行いたいのであれば、こうした一括手続きサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

引越し時のよくあるライフライン関係のミスは?

チェックリストでも解説しましたが、電気と水道は新居に引っ越してすぐに使えるようになっている場合が多いです。

しかし、ガスは係員に開栓してもらわないと利用できないため、手続きを忘れていると引越し当日からガスが使えなくなってしまいます。

また、繁忙期と重なってしまうと申し込みの空き枠が少なく、ガスだけが新居で使えない状態が数日続く可能性も考えられますので、早めに申し込みを済ませておきましょう。

引越しの際は計画性が重要

引越しにはライフラインだけでなく、他にも様々な手続きが必要になります。

時間に余裕を持って手続きを進め、手続き忘れがないようにするには前もって計画しておくことが重要です。

また、ライフライン系の契約会社を見直すいいきっかけでもあります。

その場合は、前もって契約プランなどを比較しておく時間が必要です。

前もって準備をし、余裕をもって準備しておくことが上手な引越しのコツといえるでしょう。

ライフラインをまとめる事でお得になるサービスを利用しよう

2016年4月より電力自由化、2017年4月には都市ガス自由化が始まったため、好きな電気・ガス会社を選ぶことができるようになりました。

会社によって様々なプランがあり、今の会社から別の会社に乗り換えたほうがお得になることも多々あります。

そして、こうしたライフライン系の会社を統一すると、よりお得になるプランは多いです。

ポイントが貯まったり、同一会社のサービス契約数に応じて毎月の支払い料金が割引されたりします。

引越しを機に電力会社を見直してみてはいかがでしょうか?

引越し時に活用できる電気・ガス・水道チェックリストを公開!

いかがでしたか?

ライフラインという名前からもわかるように、電気ガス水道は生活する上で欠かせないものです。

「引越し後に新居でガスが使えない!」といったトラブルに遭遇にしないためにも、今回のチェックリストを活用して確実に手続きを進めてください。

また、電気と水道は使用開始手続きをする前から利用が可能ですが、使用停止手続きを忘れていると住んでいない家(旧居)の電気代や水道代を払うことになってしまうので、忘れずに手続きを済ませましょう。

まるっとシリーズでまとめてお得に!

先ほど解説したように、ライフライン系はまとめることでよりお得になります。

まるっとシリーズでは、

  • まるっとガス
  • まるっとでんき

といったライフライン系のサービスをはじめ、

  • まるっとひかり(光回線)
  • まるっとWATER(ウォーターサーバー)

などのサービスもご用意しております。

そして、まるっとシリーズのご契約数に応じて、毎月のご利用料金から割引が適用されます。

引越しを機にライフラインの見直しをして、よりお得になるようにまとめてみてはいかがでしょうか?