引っ越し時の電気を止めるタイミングとは?いつ連絡すればいい?

引っ越しする時に電気や水道などのライフラインも止めなければいけませんが、どのタイミングで申し込むのがベストか悩んでしまいませんか?

早すぎても予定が変更されるかもしれないし、直前過ぎても希望通りにいかないかもしれない・・・

そんな時のために本記事では「引っ越し時に電気を解約するタイミング」に重点を絞って解説していきます。

引っ越し時に必要な電気の解約(止める)はいつ行う?

引っ越しが決まってから、電気を止めるタイミングはいつがいいのでしょうか?

ベストな時期についてお伝えいたします!

引っ越しが決まったらすぐに使用停止の連絡を!

電気を止めるための申し込み(使用停止連絡)は、引っ越しが決まってからなるべく早く行いましょう。

一般的に電気は1週間前に止める連絡をすればいいと言われていたり、ギリギリであっても間に合うこともありますが、引っ越し時は忙しくて後回しにするとつい忘れてしまうことも。

特に引っ越し件数が多い時期の土日など、まれに手続きが間に合わないこともあります。

そうならないように引っ越しが決まった時に申請を済ませて置くのが安心です。

 

電気を止める申し込み方法は電話かオンラインがよく使われています。

オンライン申し込みは基本24時間受付をしているため、自分のタイミングで申請できるのがメリット。

ただし、お客様番号がわからないと申請出来なかったり、申し込みから受理まで時間がかかったりすることもあります。

急ぎで申し込みをしたい人や、引っ越し当日までの支払い方法などを相談しながら決めたいという場合には電話での申し込みがおすすめ。

ただし、電話申し込みのデメリットとしてカスタマーセンターが混み合っていて電話が繋がりにくい場合があるという点も挙げられます。

どちらの方法を利用するにしても、余裕をもった申し込みが大切ですね。

ただし1ヵ月以上前からは停止の申し込みができないことも

電気を止めるための連絡はなるべく早く行いましょう!と書いたばかりですが、実は電力会社によってはあまり早く連絡しても、申し込めない場合があります。

たとえば九州電力では引っ越し予定日から1カ月以上前から申し込みができないようになっています。

公式サイトを見てみると引っ越し予定日の2日〜30日前までの受付となっており、それ以前の日付は選択できないようになっています。

申し込む前に、お住まいの電力会社の受付期間を確認する必要がありますね。

引っ越し当日を使用停止日に設定する

電気を止めるタイミングについて引っ越しの前に設定する人もいますが、引き渡しや引っ越し作業で電気を使うこともあるので当日にしておくのが無難です。

上記はあまりない例ですが、電力会社の人から理由を聞かれたら「引っ越し当日まで電気を使うから」と言えば大丈夫。

オンラインからの申し込みの際は、普通に引っ越し予定日を利用停止日に設定すればOKです!

まとめ:引っ越し時の電気を止めるタイミングとは?いつ連絡すればいい?

本記事では、引っ越し時の電気を止めるタイミングについて解説しました。

  • 忘れることのないように引っ越しが決まったらなるべく早く申し込むのが無難
  • 住んでいるエリアによって申し込める期限が違うので注意
  • 電気を止めるのは引っ越し当日が便利

ということが分かったと思います。

電気はライフラインですので、なにかあってもいいように引っ越しをするギリギリまで使えるように調整するのがいいでしょう。

まるっとでんきなら電気停止の手続きが不要

電力の自由化によりサービスが拡充したまるっとでんきでは、引っ越し時に乗り換えの申し込みをしておけば電気の利用停止手続きは不要です。

自動的に契約を切り替えてくれるので引っ越し当日まで電気が使え、新居でも自動で電気が使える状態となります。

https://marutto.co.jp/denki/しかも、コンシェルジュが対応してくれたり、引っ越しにまつわるあらゆるサービスが活用できたりとまさに至れり尽くせり。

忙しいので時間を合理的に使いたいという方におすすめのサービスですよ。