引越し準備・当日・引っ越し後で必要なものとやること!必需品や便利アイテム紹介!

最終更新日:

大学・専門学校への進学や就職に向けて引っ越しをするのは、「新生活のスタート」という感じがして、ドキドキワクワクしますね。初めての一人暮らしだと「自分好みの部屋にしたい」「友達や恋人を呼んで楽しく過ごしたい」と夢が膨らむ方も多いでしょう。

一方で「初めてなので、必要なものや手続きがわからなくて不安」と感じている人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、初めての引っ越し・一人暮らしを控えている人向けに、「必要なもの」「すぐに必要なものではないけれど、あったらいいもの」などを紹介します。

体験談や失敗談も紹介するので、最後まで読んでいただければ「ミスのない引っ越し」に近づけるはずです。

「引っ越し準備」「引っ越し当日」「引っ越し後」にわけて必要なものを説明するので、とりあえず今必要な部分だけ読んでいただいてもかまいませんよ。

【ご利用無料】引越しの電気ガス水道の手続き一括代行窓口はこちらから

引越の電気ガス水道手続き無料一括代行
まるっと一括引越LINE公式アカウント

まるっと一括引越し電話番号 0120-059-263

まるっと!一括引越し窓口ライフライン一括引越し手続き

引っ越し準備:必要なもの・やること

引っ越しの準備段階で必要なものややることを紹介します。

引っ越しの準備に必要なもの

引っ越し準備で必要なものは、梱包・荷造り用の資材や道具です。

引っ越し業者を利用する場合、段ボールなどはもらえることもありますが、他にも必要なものがあります。

引っ越し準備に必要な資材・道具をまとめました。

  • 段ボール
  • ガムテープ
  • セロテープ
  • ビニールひも
  • ビニール袋・ゴミ袋
  • マジックペン
  • 新聞紙・緩衝材
  • はさみ・カッターナイフ
  • 軍手・作業用の手袋
  • ドライバーなどの工具

必須ではありませんが、寝具を運ぶ人は布団圧縮袋もあると便利です。

段ボール以外の工具・資材は、100円ショップでも購入できるものが多いです。段ボールはホームセンターなどで購入できるほか、スーパー・ドラッグストアなどで無料でもらえることもあります。

引っ越し準備でやること

引っ越し準備としてやることは、以下の通りです。

  • 転出届の提出
  • ライフライン(電気・ガスなど)の引っ越し手続き
  • 郵便転送サービスの申し込み
  • 引っ越し業者を手配する
  • 新居のサイズをはかる
  • 粗大ゴミの処分
  • 退去手続きをする
  • 旧居の掃除を進めておく

順番に解説します。

転出届の提出

市外に転出する場合、引っ越し前に転出届の提出が必要です。手続きは転居予定日の14日前から役所でできます。

状況に応じて同時に「国民健康保険の資格廃止」「印鑑登録の抹消」「原付バイクの廃車」「マイナンバーカードの住所変更」に関する手続きも行いましょう。

ただ「親元を離れて下宿する学生さん」や「期間限定の単身赴任をする社会人」などの場合、転出届を出さないことも多いです。

学生さんの場合は「転出手続きを出してしまうと成人式の案内が届かない」といった事情がありますし、単身赴任の場合も「戻ってくることが前提で、生活の拠点はもとの住所にある」と考えられるからです。

なお市内での引っ越しの場合は、転居後に「転居届」を出すだけでOKです。

ライフラインの引っ越し手続き

電気・ガスなどのライフラインの引っ越し手続きも、引っ越し前に行っておきましょう。

電気・ガス・水道の手続きは、引っ越しの1~2週間前に行うのがおすすめです。事前に手続きしておかないと、引っ越し当日に電気やガスが使えない可能性があります。

実は執筆者もガスの新規契約手続きを忘れており、引っ越し当日に気づいて冷や汗をかいた経験があります。そのときは「気づいたのが朝」かつ「ガス会社の拠点が近くにあった」ため当日中に開栓に来てもらえたのですが、まだ寒い時期だったため、もし開栓できなかったら大変でした。

親元を離れて新たに一人暮らしする場合は、新居での契約手続きのみでOK。旧居のライフラインを止めるなら、解約と新規契約の手続きが必要となります。

電気・ガスは地域ごとの大手電力・ガス会社(東京電力や東京ガスなど)と契約してもよいですし、新電力・新ガスと呼ばれる小売り業者と契約することも可能です。新電力・新ガスのほうが料金が安くなることも多いですよ。

エリアごとに利用できる業者が異なるため、比較サイトなどで契約先を選びましょう。

なお引っ越し先のインターネットとして光回線を引きたい場合は、引っ越しの1か月前までに申し込み手続きをすませておいてください。ただ3~4月は工事予約が混みあいますので、少し早めに申し込んでおくのがおすすめです。

電気・ガス・水道・インターネットの手続きについては、まとめて代行してもらえるサービスもあります。特におすすめのサービスは、こちらの「引越し手続きの一括代行窓口」です。

事前に相談しておけば、手続き漏れもなくなって安心です。また「引っ越し先のエリアで使えて、料金が安くなる業者」を提案してもらえるので、気になる方は以下のバナーで詳細をチェックしてみてください。

【引越し】ライフライン一括手続き窓口はこちらから

郵便転送サービスの申し込み

引っ越し前には、郵便局で「郵便物の転送サービス」を申し込んでおきましょう。手続きしておくことで、旧居に届いた自分宛ての郵便物を新しい住所に転送してくれます(原則1年間)。

郵便局の窓口に本人確認書類(運転免許証や保険証など)を持参して手続きしましょう。

ネットでも手続きできますが、ネットでの手続きには「ゆうびんID」が必要です。

引っ越し業者を手配する

新居と引っ越ししたい日取りが決まったら、引っ越し業者を手配します。

一般的には「複数社から見積もりをとって比較検討し、依頼する業者を決める」という流れになります。複数社から一気に電話がかかってきてもいいなら、「引っ越しの見積もり比較サイト」も便利です。

なお3月下旬から4月上旬までは引っ越し業者の予約が取りづらく、希望した日時(土日の午前中など)に引っ越しできない可能性があります。そのため早めに予約するのがおすすめです。

荷物が少ない場合は自力で引っ越しする人もいますが、大型の家具・家電を運びたいなら業者に任せる方が安心できます。

新居のサイズをはかる

新居の寸法をはかっておくのは、新居に運び込む家具の大きさを決めるために重要です。カーテンも丈が合わないと不格好だったり、光や冷気を十分に防げなかったりします。

また「エアコンや照明が備え付けられているか」など新居の設備を確認しておくと、無駄な買い物を防げます。

粗大ゴミの処分

引っ越しにともなって家電や家具などの粗大ゴミが出る場合は、処分手続きも必要です。

自治体に回収してもらう場合には、以下のような流れで進めます。

  1. 電話などで自治体に粗大ゴミ回収を申し込む
  2. コンビニなどで粗大ゴミに貼るシールを購入
  3. 自治体と約束した日時に、シールをはった粗大ゴミを回収場所に出す
  • 自治体に回収してもらう方法のほかには、以下のような方法があります。
  • 業者に引き取ってもらう
  • 友人・知人に譲る
  • リサイクルショップ・フリマアプリ・掲示板アプリで売る
  • 引っ越し業者に有料で引き取ってもらう
  • 引っ越し業者と提携しているリサイクルショップに買い取りを依頼する

なお無許可の不要品回収業者を利用すると「無料だと言われたのに高額の料金を請求されるトラブル」や「不法投棄」につながる恐れがありますので注意しましょう。

退去手続きをする

賃貸物件から退去する場合(自分が引っ越すと誰も住む人がいなくなる場合)には、退去手続きが必要です。

退去手続きの期限は「退去の1か月前」となっていることが多いです。契約書を確認し、期限に遅れないように大家さん・管理会社に連絡しましょう。

退去する旨を連絡し、「退去費用の査定」と「鍵の返却」を行う「退去立会日」を決めます。

「親元を離れて一人暮らしする場合」「単身赴任の場合」などは不要ですね。

旧居の掃除を進めておく

賃貸物件から退去する場合には、退去立ち会いに向けて旧居の掃除も必要です。少しでもきれいにしておくことで、退去費用が安くなる可能性があります。

ハウスクリーニングなど特別な掃除をする必要はなく、家庭用洗剤などを使った普段通りの掃除で大丈夫です。

荷物を運び出した後でないと掃除できないところもありますが、キッチンやお風呂場など掃除を進められるところは引っ越し前からきれいにしておきましょう。

引っ越し当日:必要なもの・やること

引っ越し当日には「掃除や開梱に使う道具・日用品」「引っ越し初日から新居で使うもの」が必要です。

また引っ越し当日にやることもあるので紹介します。

引っ越し当日の掃除や開梱に必要なもの

引越し当日には「旧居や新居の掃除」「荷物の搬入・搬出」「隣人への挨拶」を行います。

そのため以下のようなものが必要となります。

  • 掃除用品
  • ゴミ袋
  • はさみ・カッターナイフ
  • 軍手・手袋
  • 隣人への手土産(洗剤などの日用品が無難)
  • 旧居の鍵(入居時にもらった本数を揃える)
  • 印鑑(不要な場合もあり)

掃除や開梱に必要なものは、業者に運んでもらう段ボールには入れず、自分で持ち運ぶのがおすすめ。搬入前に新居の掃除ができ、開梱もすぐに始められるからです。

掃除用品としては各種洗剤のほか、雑巾やフロアワイパーなどがあります。フロアワイパーやハンディーモップが手軽であまり体力を使わないのでおすすめですよ。

なお搬出・搬入時には「ドアストッパー」「台車」「チェアソックス」などもあると便利ですが、業者に搬出・搬入を頼むなら、なくても問題はないでしょう。自分で荷物を運ぶなら、用意しておくのがおすすめです。

引っ越し当日から新居で使うもの

引っ越し当日から新居で使うものとしては、以下のようなものがあります。

  • カーテン
  • 寝具
  • 照明器具
  • トイレットペーパー・ディッシュペーパー
  • ゴミ袋
  • 着替え
  • 洗面用品
  • バス用品
  • 掃除用品
  • タオル類
  • 常備薬・コンタクトレンズ用品
  • スマホの充電器

毎日使うような日用品・消耗品は、引っ越し当日からすぐ設置・使用できるように、わかりやすくひとつの段ボールにまとめておくのがおすすめです。重くないなら、手荷物として自分で持ち運んでもよいでしょう。

なお引っ越し当日は不動産会社・大家さんや引っ越し業者から電話連絡が入ることも多いので、スマホの充電は切らさないよう注意してくださいね。

引っ越し当日にやること

引っ越し当日には以下のような手続き・作業が発生します。

  • 新居でのガス開栓
  • 近隣への挨拶
  • 旧居での退去立ち会い

新居でのガス開栓

引っ越し当日には、新居でのガス開栓への立ち会いがあります。ガスの利用開始に際してはガス機器の確認や安全確認が必要で、契約者が開栓に立ち会うことになっているからです。ガスの利用開始の申し込みをするときに、立ち会いの希望日も連絡します。

ちなみに電気に関しては原則として開栓立ち会いはなく、事前に契約手続きをしていれば、入居後すぐに電気を利用できます。

ただオール電化物件の場合は開栓への立ち会いが必要だったり、開栓を入居日の前日に行う必要があったりします。オール電化物件の場合は、部屋の設備を確認したうえで、電力会社に立ち会いについて相談しましょう。

近隣への挨拶

「一人暮らしなら引っ越しの挨拶はしない」という人も多いようですが、挨拶しておくことでトラブルを防止できるメリットがあります。

引っ越し作業の前に挨拶しておくことで、「作業で騒がしくなる時間帯」「引っ越しのトラックがマンションの前に駐車する時間帯」などを事前に伝えられるからですね。旧居でも新居でも同様です。

ただし女性の一人暮らしですと、防犯上の懸念からあえて新居での挨拶をしない人も多いです。学生専用マンションの場合も、挨拶しない人が多いようですね。

挨拶すべきか判断しかねる場合は、家族や不動産会社に相談してみてください。

旧居での挨拶は、前日までに実施してもOKです。

旧居での退去立ち会い

賃貸物件から退去する場合には、室内の傷や汚れを確認して修繕費用の負担割合を決めるために、「退去立ち会い」が行われます。

基本的には入居者本人が立ち会うことになっていて、退去連絡するときに、荷物の搬出時間との兼ね合いを見ながら日時を調整します。

基本的には荷物を搬出したあと、壁や床がすべて見える状態で退去立ち会いを行います。

退去立ち会い時に鍵を返却するので、入居時にもらった鍵をすべて揃えて準備しておきましょう。印鑑が必要なケースもあります。

「元の家に家族が残っている場合」は不要な手続きです。

引っ越し後:必要なもの・やること

引っ越し後に必要なものややることを紹介します。

ただし必要なものはライフスタイルによって異なります。例えば「引っ越しを機にミニマリストになる!」という人なら、この章で紹介するものの多くが不要になるかもしれません。また家で仕事をする人なら、仕事で使うものが家に必要でしょう。

この記事では一般的な例を紹介しますので、ご自身のライフスタイルに合わせて取捨選択してください。

引っ越し後、生活するために最低限必要なもの

一人暮らしに最低限必要なものの例は、次のとおりです。

  • 寝具
  • カーテン
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 洗濯機
  • 洗濯用品・ハンガー
  • 掃除機・掃除道具
  • ゴミ箱・ゴミ袋
  • タオル類
  • バス用品
  • トイレ用品
  • キッチン用品
  • 食器
  • テーブル
  • 冷暖房器具
  • 照明器具
  • 常備薬

一人暮らし用の賃貸物件の場合、照明器具や冷暖房器具(エアコン)は備え付けられていることもあります。備え付けられているなら、用意は不要ですね。

また洗濯機も「すべてコインランドリーでやる」という人なら不要でしょう。

学生の一人暮らしに必要なもの

学生の一人暮らしには、勉強を快適に行うためのツールや家具が必要となるでしょう。

  • カメラ付きノートパソコン
  • USBメモリ
  • インターネット回線
  • プリンター・スキャナー
  • 本棚

リモートで授業を受けることが多いなら、授業を受けるためのノートパソコンなどが必要ですね。長時間パソコンを見るなら、パソコン用のデスクやイスもあると快適です。

プリンター・スキャナーは大学・学校の図書館・PCルームなどで借りられることもありますが、家で作業することが多いなら持っておいたほうがよいでしょう。

「授業の受け方」や「学校の設備」に合わせて、必要なものを準備してください。

社会人の一人暮らしに必要なもの

社会人の一人暮らしでは、「社会人としての身だしなみ」を整えるための家具・家電を揃えておくのがおすすめです。

例えば次のようなものが必要になるでしょう。

  • 姿見
  • アイロン・衣類用スチーマー
  • シューケアグッズ

リモートワークが多い人は、パソコン・ネット環境のほか、デスクやイスを用意しておくのがおすすめです。

女性の一人暮らしに必要なもの

女性の一人暮らしには、「防犯グッズ」や「女性用品」が必要となります。

  • 女性用衛生用品
  • トイレ用ゴミ箱
  • 防犯グッズ

お化粧をする方で、洗面台ではスペースが狭いと感じる場合は、ドレッサーもあると便利。ドライヤーやヘアアイロンも必要に応じて揃えましょう。

おすすめの防犯グッズとしては「補助錠」「センサーライト」「窓用の防犯フィルム」「窓用防犯アラーム」などがあります。

新生活が落ち着いて、必要になったら揃えるもの

必要になってから揃えるものの例は、以下の通りです。

  • テレビ
  • アイロン・衣類用スチーマー
  • 炊飯器・調理器具
  • コンロ
  • 収納用品
  • ソファ
  • カーペット
  • 電気ポット

引っ越し当日から自炊したい人は、コンロや炊飯器・調理器具を「最低限必要なもの」に入れてもよいでしょう。なおコンロは部屋に備え付けられていることもあります。

引っ越し翌日から出社する社会人なら、アイロンや衣類用スチーマーも「最低限必要」かもしれません。

状況に応じてアレンジしてください。

家具・家電をそろえるときに注意したいこと

一人暮らし用に家具・家電を購入するのはとても楽しいことです。できることなら、すべてお気に入りのインテリアで揃えたいですよね。

ただし注意しておかないと後悔することも。

家具・家電の購入時に注意したいことを紹介します。

  • 搬入経路(階段・エレベーター・ドアなど)
  • 部屋・設置スペースのサイズ
  • サイズが大きい家具・家電はあとから購入

大きめの家具・家電を購入する際は、本体のサイズと搬入経路・部屋の寸法に注意してください。

サイズを確認せずに購入してしまい、「置きたい場所に収まらない」「廊下やドアを通せない」と困ってしまった人も多いです。引っ越し先が古めのマンション・アパートで、階段やエレベーターが狭い場合は、とくに注意が必要です。

戸建ての場合も、建物内の階段の幅には注意しましょう。

なおソファやカーペットなどの大きな家具・インテリアは、最初に部屋へ入れてしまうと他の家具・家電を置きにくくなります。

「大きな家具を買ったけれど、実際一人暮らしのワンルームに入れてみると、部屋がすごく狭く感じて後悔」という人も少なくありません。そのため「必要最低限のものを揃えたうえで、まだ部屋に余裕があれば大きな家具を買う」のがおすすめです。

引っ越し後にやること

引っ越し後に必要となる各種手続きを紹介します。

  • 転入届の提出
  • 各種の住所変更

転入届の提出

市外に引っ越した場合は、転居日から14日以内に役所で転入手続きをします。

転入の手続きをするためには、旧居を管轄する役所で「転出手続き」が終わっている必要があります。

転入手続きと同時に、必要に応じて「国保の加入手続き」「マイナンバーカードの手続き」なども行います。

同一市内で転居する場合は、転居後の「転居届」だけでOKです。

各種の住所変更

引っ越しすると、転出・転入届を役所に出すだけではなく、各種サービスや免許の住所変更も必要となります。

主なものをまとめました。

  • 運転免許証
  • 車庫証明
  • 車検証
  • NHK
  • 銀行・クレジットカード・保険
  • 通販サイト
  • サブスクサービス
  • モバイルWi-Fi・ホームルーター

免許証や車庫証明の住所変更は警察署で行う必要があります。銀行など民間サービスの住所変更は、オンラインでできるものも多いです。

住所変更を忘れていると「案内や商品が届かない」などの問題が起きますので、引っ越ししたら早めに住所変更しておきましょう。

まとめ

初めての引っ越しでは「準備に必要なもの・こと」「当日必要なもの・こと」「引っ越してから必要なもの・こと」が発生します。それぞれ漏れのないよう準備しておき、引っ越し時に困らないようにしておきましょう。

なお引っ越し時に漏れが多いのは、ライフラインの手続きです。引っ越し初日からスムーズに使えるように、事前に手続きを済ませておくことを意識してください。

電力会社・ガス会社・水道局にそれぞれ連絡するのが面倒なら、一括で手続きをしてくれる窓口を利用する方法もあります。

こちらの「引越し手続きの一括代行窓口」なら水道の手続きもでき、引っ越し先で光熱費が安くなる電力会社・ガス会社と契約できます。「手続きの漏れを防ぎたい」「新生活のランニングコストを下げたい」という人におすすめです。

電話1本でライフラインの引っ越し手続きを代行してもらえるので、引っ越し手続きにかかる時間・手間がぐんと減りますよ。手続き漏れの心配もありません。

気になる方は以下のバナーから詳細をチェックしてみてください。

【引越し】ライフライン一括手続き窓口はこちらから

引越の電気ガス水道手続き無料一括代行
まるっと一括引越LINE公式アカウント

まるっと一括引越し電話番号 0120-059-263

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

\ SNSでシェア /