引越しの時に必要な書類の手続きとは?手順マニュアル!

引っ越しの際に必要な書類手続きについてお悩みはありませんか?たとえ経験があっても、煩雑な手続きをすべて覚えておくのは難しいですよね。

そこで、この記事では「引っ越しの時に必要な書類の手続き」の種類や手順について詳しく紹介していきます。

引っ越しに必要な手続き書類はいっぱいある?

引っ越しに必要な書類上の手続きは、実はそれほど多くはありません。

書類記入が必要になる手続きは、以下の通りです。

  • 転出届、転入届(市区町村から出る場合)

  • 転居届(同じ市区町村で移動する場合)

  • 印鑑登録

  • 国民健康保険の資格喪失の手続き

  • クレジットカードやパスポート等の住所変更

クレジットカードの住所変更以外は、基本的に自治体の役所で行える手続きばかりです。

書類上の手続きは多くないものの、引っ越し自体の手続きになると話は別。ライフラインやネット回線の手続きは、非常に煩雑になります。

引っ越しの際に必要な手続きや書類を紹介!

ここからは、引っ越しの際に必要な手続きについて紹介していきます。

国民年金や健康保険の手続き書類

一つ目は、国民年金や健康保険の手続きです。

国民健康保険に加入していて他の市区町村へ引っ越す場合は、資格喪失の手続きが必要です。

手続きは引っ越し前から行えますが、引っ越し後であれば14日以内に役所で手続きしなければいけません

引っ越し前に資格喪失手続きをしたら、引っ越し先の役所で再加入の手続きが必須なので、忘れないよう注意しておきましょう。

同じ市区町村内で引っ越す場合は住所変更手続きを行いますが、資格喪失手続きは不要です。

国民年金については、引っ越し後の住所変更の手続きのみで大丈夫です。

転出届・その他カードなどの住所変更

二つ目は、転出届・その他カードなどの住所変更の方法についてです。

引っ越しの際は、役所に転出届を出して、転出証明書を発行してもらいましょう。転出証明書は、引っ越し後に転入届を提出する際に必要になります。

転出届は、引っ越しの14日前から引っ越し後の14日以内なら提出可能です。

また、手続きの際本人確認書類と印鑑が必要になるので、忘れずに持参してください。

銀行やクレジットカードの住所変更は、必要事項を記入した書類と本人確認書類を提出するのが一般的です。

銀行やクレジットカードの住所変更を怠ると、利用明細が旧住所に送られてしまうため、個人情報が漏れる可能性があるので注意しましょう。

ライフラインの手続き(電気・ガス・水道)

三つ目は、ライフラインの手続きになります。

引っ越し先で困らないためにも、電気・ガス・水道といったライフラインの手続きは早めに済ませておきましょう。

特にガスの使用開始・使用停止には立ち合いが必要になるため、少し手間がかかります。

目安として引っ越しの最低1週間前には、手続きを始めるようにしましょう。

電話・インターネット関連

四つ目は、電話・インターネット関連の手続きです。

引っ越しの際には、

  • 電話の移転手続き

  • プロバイダの移転手続き

が必要です。

固定電話の手続きは、電話(116番)かNTTのサイトのどちらでも行えます。

プロバイダの住所変更自体はオンラインで行える場合が多いので簡単ですが、新住所で開通工事が必要になる場合は早めに申請しておきましょう。

まとめ:引っ越しの時に必要な書類の手続きとは?手順マニュアル!

以上、引っ越しの時に必要な書類の手続きについてご紹介しました。

CHECK!
  • 転出届など

  • 印鑑登録

  • 国民健康保険や国民年金の手続き

  • 銀行、クレジットカードの住所変更

上記が書類提出に必要な手続きですが、ご覧の通り数自体は多くありません。

役所での手続きはつい面倒に感じてしまいますが、引っ越し時には他にもやらなければいけないことが多いので早め早めを心がけるのが良いでしょう。

ネットや電気の変更をまるっとにすれば特典で引っ越しも楽に

まるっとシリーズの「まるっとでんき」なら、お得な電力会社プランの他にも引っ越しの作業を楽にする特典が利用できます。

  • 引っ越し業者の紹介&割引

  • 不用品の買取

  • 家電無料修理

  • パソコンの設定

などの便利なオプションが使えるので、効率良く引っ越しを行いたい方に最適なサービスなんです。

電気以外にも、光回線の「まるっとひかり」など生活に役立つプランがたくさんあるので、引っ越しを機にライフラインを見直したい方におすすめです。