引越しに疲れたくない人必見!引越しを楽にする方法

毎日働きながら引っ越しの準備をするのは大変ですよね。しかもやることが多いので、準備だけで疲れてしまうこともしばしば・・・。

そこで今回は、

  • 引っ越しで一番大変な作業

  • 引っ越しの手間を省く方法

  • 引っ越しをする時の手続き

についてまとめていきますね。

引っ越しで最も労力を使うのは荷造り

引っ越しをする上で最も労力を使う作業は荷造りではないでしょうか?

家の中にあるものを全て分類して、不用品と必要な物に整理して、壊れないようにしっかりと梱包する・・・。

その面倒くささは大掃除の比ではありません。

また、荷造りをするタイミングも気を使わなければならず、早すぎると日常生活に支障をきたしますし、遅すぎると作業が立て込んでどっと疲れた・・・。なんてことも。

実際に引っ越しをした人の意見でも「荷造りに疲れた」という声が多数見受けられました。

自分で荷造りをするときは面倒でも、

  • 日常生活で使わないもの→使うものの順に荷造りを行う

  • 順序、やることをリストアップして必要な作業を明確にする

  • 不要なものは早めに処分する

この3つを必ず行うのが成功への近道になります。

ちなみに、荷造りは1ヶ月前から場所ごとに行うと効率的ですよ。

納戸の整理から初めて、今日は台所、明日はクローゼットなど、場所ごとに集中して行うと取りこぼしがありません。

引っ越しで疲れたくないなら業者を利用する

果てしない荷造りに疲れた…という人は、業者を利用するのも1つの方法です。

荷造りの負担を減らすというとイメージしがちなのが、引っ越し業者のおまかせコース。

これは業者のスタッフが荷造りから荷ほどきまでしてくれるサービスで大変便利なのですが、他にもおすすめしたいのが不用品買取サービス。

欲しくて買ったけど、意外なほど使わなかった!大好きで集めていたけど興味がなくなった!というグッズから日用品まで買い取り・引き取りしてくれる業者はとても重宝します。

不用品買取業者で大幅に荷物を減らしたら荷造りがスムーズにできた!という人も多いんです。

しかもうまくいけば予想外の高値がついて、引っ越し時の出費が抑えられることも。

荷造り以外の引っ越し手続き

引っ越し時に荷造り以外に必要な手続きとしては、

  • 新居への契約

  • 引っ越し業者への申し込み

  • ガス、電気、水道などの申請

  • 引っ越し前後に自治体への手続き

  • 会員サービスなどの情報変更

などが挙げられます。

引っ越し前後はやらなければならない事がたくさんあるので、複数のことを同時進行しようとしてパニックになって疲れた・・・。という経験がある人もたくさんいるはず。

忙しいので一気に済ませたい気持ちは分かりますが、返ってよくない結果になることもあるので1つずつ早めに行って行きましょう。

順番としては、

  1. 引っ越し業者への申し込み

  2. 自治体への手続き

  3. クレジットカード等の住所変更

  4. ガス、電気、水道等の公共サービスへの申請

の順で早めにするとスムーズです。

最近はオンラインから申し込みができるサービスも増えてきているので、忙しい方は有効利用してみてくださいね。

まとめ:引っ越しに疲れたくない人必見!引っ越しを楽にする方法

今回は大変な引っ越し作業の負担を減らす方法についてまとめました。

CHECK!
  • 荷造りは引っ越しで一番疲れるので順序立てて行おう

  • 荷造りが負担な人は引っ越し業者や不要品買取業者を利用すると手間を省ける

  • 自治体への申請など必要な作業もたくさんあるので優先順位をつけて1つずつ片付けよう

以上が、引っ越しで疲れないための秘訣でした。

これから引っ越しを考えている方の参考になれば幸いです。

まるっとでんきで電気代見直しと不用品処分を

引っ越しと同時に電気を乗り換える人も多いですが、まるっとでんきではお得な電気料金プランの他にも不用品買取や家電修理サポートなどが利用できます。

引っ越しする前後はとても忙しいので、1つの窓口からお得なサービスを利用できるのは便利ですよね。